Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上司 小剣(かみつかさ しょうけん、1874年(明治7年)12月15日 - 1947年(昭和22年)9月2日)は、小説家。奈良県生まれ、兵庫県育ち。本名は延貴。大阪の浪華文学会で活動したあと1897年上京、読売新聞社に勤め、編集局長。1914年の半生記小説『鱧の皮』が田山花袋に賞賛され、代表作となった。1937年帝国芸術院会員。戦後、新日本文学会の賛助会員となった。現在ではほぼ忘れられた作家だが、荒井真理亜『上司小剣文学研究』(和泉書院 2005)、大塚子悠『星ひとつ-小剣さんを歩く-』(信樹舎2006)が研究書としてある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1583187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58757187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上司 小剣(かみつかさ しょうけん、1874年(明治7年)12月15日 - 1947年(昭和22年)9月2日)は、小説家。奈良県生まれ、兵庫県育ち。本名は延貴。大阪の浪華文学会で活動したあと1897年上京、読売新聞社に勤め、編集局長。1914年の半生記小説『鱧の皮』が田山花袋に賞賛され、代表作となった。1937年帝国芸術院会員。戦後、新日本文学会の賛助会員となった。現在ではほぼ忘れられた作家だが、荒井真理亜『上司小剣文学研究』(和泉書院 2005)、大塚子悠『星ひとつ-小剣さんを歩く-』(信樹舎2006)が研究書としてある。
rdfs:label
  • 上司小剣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of