Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 上下定分の理(じょうげていぶんのり、じょうげていぶんのことわり)は、江戸時代初期に朱子学の権威確立に尽力した林羅山が打ち出した一学説。幕藩体制の根幹をなす身分制度を正当化するための理論であり、宇宙の原理すなわち「理」は、人間関係では上下の身分関係として現れるという考え。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2394455 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3840 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 80 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55022060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 上下定分の理(じょうげていぶんのり、じょうげていぶんのことわり)は、江戸時代初期に朱子学の権威確立に尽力した林羅山が打ち出した一学説。幕藩体制の根幹をなす身分制度を正当化するための理論であり、宇宙の原理すなわち「理」は、人間関係では上下の身分関係として現れるという考え。
rdfs:label
  • 上下定分の理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of