Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三酸化アンチモン(さんさんかアンチモン、英語 Antimony trioxide、ATO)とはアンチモンの酸化物の一種。アンチモン化合物として最も重要な化学物質で、主に難燃剤、顔料、ガラスの助剤、触媒などに用いられる。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 三酸化アンチモン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 797063 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57350626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagealt
  • 三酸化アンチモン
prop-ja:imagefile
  • Antimony trioxide.jpg
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 三酸化アンチモン
prop-ja:name
  • 三酸化アンチモン
prop-ja:othernames
  • セスキ酸化アンチモン
  • 酸化アンチモン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 三酸化アンチモン(さんさんかアンチモン、英語 Antimony trioxide、ATO)とはアンチモンの酸化物の一種。アンチモン化合物として最も重要な化学物質で、主に難燃剤、顔料、ガラスの助剤、触媒などに用いられる。
rdfs:label
  • 三酸化アンチモン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • セスキ酸化アンチモン
  • 三酸化アンチモン
  • 酸化アンチモン(Ⅲ)
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of