Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三遊亭 圓龍(さんゆうてい えんりゅう)は落語の名跡。過去に3人ほど確認されているが亭号がはっきりしていない。銚遊亭(ちょうゆうてい) 圓龍- 『東都噺者師弟系図』『落語家奇奴部類』では初代三遊亭圓生門人としてみえる。三遊亭 圓龍 - 長野出身。最初上方で土橋亭龍喬(司馬龍喬)。1885年正月から東京に出向き三遊亭圓朝の門で圓龍を貰い、地方廻りに専らにした。(本名:藤井久五郎)亭号不明 圓龍 - 後の三遊亭圓駒(本名:村井正彦)三遊亭 圓龍(さんゆうてい えんりゅう、1939年2月20日 - )は、山梨県高根町出身の落語家。落語協会所属。本名は水野 孝雄(みずの たかお)。出囃子は『末広狩』。以前はプロダクション・タンクに所属していた。8年間、松井証券に勤めていた事がある。1965年2月 - 6代目三遊亭圓生に入門し「旭生」を名乗る。1969年4月 - 二つ目昇進。1978年6月 - 落語協会分裂騒動で師匠の圓生に従って落語協会を脱退し、新団体の落語三遊協会に加わる。1979年9月 - 圓生死去。1980年2月 - 落語三遊協会解散に伴い、落語協会に復帰。1981年3月 - 真打昇進、「圓龍」に改名。師匠の新団体設立と解散に伴い、内定していた真打昇進が2度白紙になるという珍しい経験をしている。3代目桂米朝から「持参金」を稽古付けてもらい東京落語風にアレンジして演じている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1065182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58702096 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ふりがな
  • さんゆうてい えんりゅう
prop-ja:出身地
  • ・山梨県
prop-ja:名跡
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:師匠
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:本名
  • 水野 孝雄
prop-ja:活動期間
  • 1965 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1939 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:芸名
  • 三遊亭 圓龍
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三遊亭 圓龍(さんゆうてい えんりゅう)は落語の名跡。過去に3人ほど確認されているが亭号がはっきりしていない。銚遊亭(ちょうゆうてい) 圓龍- 『東都噺者師弟系図』『落語家奇奴部類』では初代三遊亭圓生門人としてみえる。三遊亭 圓龍 - 長野出身。最初上方で土橋亭龍喬(司馬龍喬)。1885年正月から東京に出向き三遊亭圓朝の門で圓龍を貰い、地方廻りに専らにした。(本名:藤井久五郎)亭号不明 圓龍 - 後の三遊亭圓駒(本名:村井正彦)三遊亭 圓龍(さんゆうてい えんりゅう、1939年2月20日 - )は、山梨県高根町出身の落語家。落語協会所属。本名は水野 孝雄(みずの たかお)。出囃子は『末広狩』。以前はプロダクション・タンクに所属していた。8年間、松井証券に勤めていた事がある。1965年2月 - 6代目三遊亭圓生に入門し「旭生」を名乗る。1969年4月 - 二つ目昇進。1978年6月 - 落語協会分裂騒動で師匠の圓生に従って落語協会を脱退し、新団体の落語三遊協会に加わる。1979年9月 - 圓生死去。1980年2月 - 落語三遊協会解散に伴い、落語協会に復帰。1981年3月 - 真打昇進、「圓龍」に改名。師匠の新団体設立と解散に伴い、内定していた真打昇進が2度白紙になるという珍しい経験をしている。3代目桂米朝から「持参金」を稽古付けてもらい東京落語風にアレンジして演じている。
rdfs:label
  • 三遊亭圓龍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of