Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三輪 高市麻呂(みわ の たけちまろ、斉明天皇3年(657年) - 慶雲3年2月6日(706年3月24日)は、日本の飛鳥時代の人物である。氏は大三輪・大神とも表記される。姓は君のち朝臣。三輪文屋の孫で、三輪利金の子。天武天皇元年(672年)の壬申の乱のとき大海人皇子(天武天皇)の側について戦い、箸陵と中つ道の戦いで活躍し、大海人側の勝利に貢献する。のち、持統天皇6年(692年)には農事に行幸しようとする持統天皇を自らの官職をかけて諫める等、天武・持統・文武の三天皇に仕え、従四位上・左京大夫に昇った。贈従三位。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 484078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51300437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三輪 高市麻呂(みわ の たけちまろ、斉明天皇3年(657年) - 慶雲3年2月6日(706年3月24日)は、日本の飛鳥時代の人物である。氏は大三輪・大神とも表記される。姓は君のち朝臣。三輪文屋の孫で、三輪利金の子。天武天皇元年(672年)の壬申の乱のとき大海人皇子(天武天皇)の側について戦い、箸陵と中つ道の戦いで活躍し、大海人側の勝利に貢献する。のち、持統天皇6年(692年)には農事に行幸しようとする持統天皇を自らの官職をかけて諫める等、天武・持統・文武の三天皇に仕え、従四位上・左京大夫に昇った。贈従三位。
rdfs:label
  • 三輪高市麻呂
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of