三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。 中国・青島市の生まれで、軍隊生活を送った後、1947年(昭和22年)に東宝ニューフェイス第1期生として入社し『銀嶺の果て』で映画デビューした。翌年の『醉いどれ天使』から黒澤明とコンビを組んで『羅生門』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『用心棒』など計15本に主演したほか、岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』、熊井啓監督『黒部の太陽』や、墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』といった海外映画にも多く出演した。黒澤が世界的な監督になるとともに、三船も国際的なスターとなり、日本では世界のミフネ、英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれ、世界中の映画関係者に影響を与えた(・を参照)。 栄典及び称号に、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。1961年と1965年にヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。 元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(元女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。

Property Value
dbo:abstract
  • 三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。 中国・青島市の生まれで、軍隊生活を送った後、1947年(昭和22年)に東宝ニューフェイス第1期生として入社し『銀嶺の果て』で映画デビューした。翌年の『醉いどれ天使』から黒澤明とコンビを組んで『羅生門』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『用心棒』など計15本に主演したほか、岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』、熊井啓監督『黒部の太陽』や、墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』といった海外映画にも多く出演した。黒澤が世界的な監督になるとともに、三船も国際的なスターとなり、日本では世界のミフネ、英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれ、世界中の映画関係者に影響を与えた(・を参照)。 栄典及び称号に、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。1961年と1965年にヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。 元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(元女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。 以下、氏名の表記は特記を除き「三船」で統一。 (ja)
  • 三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。 中国・青島市の生まれで、軍隊生活を送った後、1947年(昭和22年)に東宝ニューフェイス第1期生として入社し『銀嶺の果て』で映画デビューした。翌年の『醉いどれ天使』から黒澤明とコンビを組んで『羅生門』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『用心棒』など計15本に主演したほか、岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』、熊井啓監督『黒部の太陽』や、墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』といった海外映画にも多く出演した。黒澤が世界的な監督になるとともに、三船も国際的なスターとなり、日本では世界のミフネ、英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれ、世界中の映画関係者に影響を与えた(・を参照)。 栄典及び称号に、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。1961年と1965年にヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。 元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(元女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。 以下、氏名の表記は特記を除き「三船」で統一。 (ja)
dbo:birthYear
  • 1920-01-01 (xsd:gYear)
dbo:deathYear
  • 1997-01-01 (xsd:gYear)
dbo:notableWork
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 51666 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 53766 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81604988 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2020 (xsd:integer)
  • 2021 (xsd:integer)
  • --02-01
  • --06-26
prop-ja:id
  • 1536 (xsd:integer)
  • 44738 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 三船敏郎 (ja)
  • Toshiro Mifune (ja)
  • 三船敏郎 (ja)
  • Toshiro Mifune (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1957 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1968 (xsd:integer)
  • 1986 (xsd:integer)
  • 1987 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 1993 (xsd:integer)
  • 1997 (xsd:integer)
  • 毎日映画コンクール (ja)
  • 男優賞 (ja)
  • 特別賞 (ja)
  • 主演男優賞 (ja)
  • 男優助演賞 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • みふね としろう (ja)
  • みふね としろう (ja)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1987 (xsd:integer)
  • 特別賞 (ja)
  • 主演男優賞 (ja)
  • 助演男優賞 (ja)
prop-ja:ヴェネツィア国際映画祭
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 男優賞 (ja)
prop-ja:主な作品
  • 日本映画 (ja)
  • 『日本のいちばん長い日』/『黒部の太陽』 (ja)
  • 『1941』/『武士道ブレード』テレビドラマ (ja)
  • 『無法松の一生』/『隠し砦の三悪人』 (ja)
  • 『日本海大海戦』/『上意討ち 拝領妻始末』 (ja)
  • 『日本誕生』/『悪い奴ほどよく眠る』 (ja)
  • 『レッド・サン』/『ミッドウェイ』 (ja)
  • 『価値ある男』/『太平洋の地獄』 (ja)
  • 『大忠臣蔵』/『荒野の素浪人』 (ja)
  • 『天国と地獄』/『赤ひげ』 (ja)
  • 『宮本武蔵』/『蜘蛛巣城』 (ja)
  • 『待ち伏せ』/『人間の証明』 (ja)
  • 『用心棒』/『椿三十郎』 (ja)
  • 『男はつらいよ 知床慕情』 (ja)
  • 『白痴』/『七人の侍』 (ja)
  • 『荒野の用心棒』/『将軍 SHOGUN』 (ja)
  • 『連合艦隊司令長官 山本五十六』 (ja)
  • 『野良犬』/『羅生門』 (ja)
  • 『銀嶺の果て』/『醉いどれ天使』 (ja)
  • 『風林火山』/『新選組』 (ja)
  • 『千利休 本覺坊遺文』海外映画(※日本との合作含む) (ja)
  • 日本映画 (ja)
  • 『日本のいちばん長い日』/『黒部の太陽』 (ja)
  • 『1941』/『武士道ブレード』テレビドラマ (ja)
  • 『無法松の一生』/『隠し砦の三悪人』 (ja)
  • 『日本海大海戦』/『上意討ち 拝領妻始末』 (ja)
  • 『日本誕生』/『悪い奴ほどよく眠る』 (ja)
  • 『レッド・サン』/『ミッドウェイ』 (ja)
  • 『価値ある男』/『太平洋の地獄』 (ja)
  • 『大忠臣蔵』/『荒野の素浪人』 (ja)
  • 『天国と地獄』/『赤ひげ』 (ja)
  • 『宮本武蔵』/『蜘蛛巣城』 (ja)
  • 『待ち伏せ』/『人間の証明』 (ja)
  • 『用心棒』/『椿三十郎』 (ja)
  • 『男はつらいよ 知床慕情』 (ja)
  • 『白痴』/『七人の侍』 (ja)
  • 『荒野の用心棒』/『将軍 SHOGUN』 (ja)
  • 『連合艦隊司令長官 山本五十六』 (ja)
  • 『野良犬』/『羅生門』 (ja)
  • 『銀嶺の果て』/『醉いどれ天使』 (ja)
  • 『風林火山』/『新選組』 (ja)
  • 『千利休 本覺坊遺文』海外映画(※日本との合作含む) (ja)
prop-ja:出生地
  • 膠州湾租借地(現・中国山東省青島市) (ja)
  • 膠州湾租借地(現・中国山東省青島市) (ja)
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1987 (xsd:integer)
  • 1994 (xsd:integer)
  • 優秀助演男優賞 (ja)
  • 会長特別賞 (ja)
prop-ja:本名
  • 三船 敏郎 (ja)
  • 三船 敏郎 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都三鷹市 (ja)
  • 東京都三鷹市 (ja)
prop-ja:没年
  • 1997 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1947 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1920 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Toshiro Mifune 1954 Scan10003 160913.jpg (ja)
  • Toshiro Mifune 1954 Scan10003 160913.jpg (ja)
prop-ja:範囲
  • 1975 (xsd:integer)
  • 三船さんの当社作品への出演は悲願だった (ja)
  • 三船はロケが終わると後片づけをよく手伝っていたが、それをアメリカでもやった際に組合に「俺たちの仕事を奪う気か!」と怒られたという (ja)
  • 『レッド・サン』の出演依頼は三船本人から直接電話で伝えられ、是非もなく了承した。 (ja)
  • スピルバーグはしきりに「また、『用心棒』のような作品を黒澤さんとのコンビで作ってくれ」と三船に訴え、三船はその旨、黒澤に伝えると「もうあんな作品を撮る体力はない」と言われた (ja)
  • 彼の当たり役であるインディ・ジョーンズは監督のスピルバーグ曰く、スター・ウォーズ・シリーズのハン・ソロと『用心棒』の桑畑三十郎を足したようなキャラクターであるとしている (ja)
  • 監督のソーレン・クラーク=ヤコブセンは三船が他界したというニュースを聞いた時にこのタイトルを思いつき、タイトルには三船への追悼の意も込められている (ja)
  • この音源は劇中のサウンドトラックを流用した物でレコードのためにわざわざ吹き込んだものではないが、事情を知らない黒澤は「役者が変なことをするな!」と三船に説教をした (ja)
  • 「あんた、顔綺麗ねえ」と三船の美貌を称えた (ja)
  • 作画担当の小島剛夕が作画の際、イメージしていた。原作者の小池一雄は阪東妻三郎をイメージしていた (ja)
  • 以後俳優同士として山村と三船は親交を深め (ja)
  • 撮影が終了した際、三船は深々と志村に最敬礼をし、「また、一緒に仕事をする日を楽しみにしています」と慇懃に挨拶する姿に熊井は大変感銘を受けた (ja)
  • しかし本心は三船との関係修復を望んでいたという。そのため、幸子は自分から三船を追い出したが、三船が離婚しようとするとこれを拒否。幸子は三船側より離婚訴訟が起こされるに及んだが、離婚届に判を死ぬまで押さなかった (ja)
  • この映画で黒澤は自分が感じていた三船のたぐいまれな才能を確信する (ja)
  • 後年、自らチェスター・ニミッツ提督に扮し、三船の山本五十六と共演する映画を企画していた。 (ja)
  • 彼は表現がスピーディなんですよ。一を言うと十わかる。珍しいほど監督の意図に反応する。日本の俳優はおおむねスローだね。こいつを生かしていこうと思ったね、あの時は (ja)
  • 未完成に終わった英映画にアジア人代表として共演。元々、憧れの存在であったが、お互い、日本語と北京語に流暢であったことから、何くれとなく世話をしてもらい、以降、父のように尊敬する (ja)
  • その後、『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』(1983年)ではダース・ベイダーの素顔となるアナキン・スカイウォーカー役をオファーされるが、これは断っている。ルーカスはダースベイダーの素顔をメイクでできるだけ三船に似せるように指示したという。なお、『ベスト・キッド』(1984年)のミヤギ役も断っている (ja)
  • 三船への海外からのオファーは、晩年においても1年で通常の段ボール箱が一杯になるほど依頼が殺到していた。三船の出演を決断させる要素は「日本人を茶化さない」、「三船プロの運営に支障をきたさない(『デルス・ウザーラ』や『スター・ウォーズ・シリーズ』など多くの出演辞退はこれに該当)」、「世界各国のオールスターが出演し、その日本代表として指名」、「俳優、三船敏郎単体より、三船プロとして仕事を受けられるか」、「制作サイドの誠意ある交渉 (ja)
  • 奇行に走る傾向もあり、監督の家でスタッフと飲んで酔っ払い、居間の太い梁によじ登って懸垂を始めたり、夜遅くに家の近所を奇声を上げながら走り回ったり、中には映画用の小道具である槍を持ち出して石原裕次郎の家に果し合いに行ったという冗談のようなエピソードもある (ja)
  • 「残酷な軍人やエコノミックアニマル。日本人は、そんなやつらだけじゃあないと、世界中に知らしめたいんだ」と海外作品のロケ中に、親しい人に吐露したこともあったという。 『007は二度死ぬ』のロンドンでの撮影の際に浜美枝がダンスホールに誘われて踊っていたところ、ちょうどロンドンに滞在中だった三船敏郎が間に入って来て、刀を抜く真似をし、「日本人の誇りを忘れるな」と一喝したこともあった (ja)
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 三船 敏郎 (ja)
  • 三船 敏郎 (ja)
prop-ja:著名な家族
prop-ja:血液型
prop-ja:配偶者
  • 吉峰幸子(1950-1995) (ja)
  • 吉峰幸子(1950-1995) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。 中国・青島市の生まれで、軍隊生活を送った後、1947年(昭和22年)に東宝ニューフェイス第1期生として入社し『銀嶺の果て』で映画デビューした。翌年の『醉いどれ天使』から黒澤明とコンビを組んで『羅生門』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『用心棒』など計15本に主演したほか、岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』、熊井啓監督『黒部の太陽』や、墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』といった海外映画にも多く出演した。黒澤が世界的な監督になるとともに、三船も国際的なスターとなり、日本では世界のミフネ、英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれ、世界中の映画関係者に影響を与えた(・を参照)。 栄典及び称号に、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。1961年と1965年にヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。 元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(元女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。 (ja)
  • 三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。本名は同じ。 中国・青島市の生まれで、軍隊生活を送った後、1947年(昭和22年)に東宝ニューフェイス第1期生として入社し『銀嶺の果て』で映画デビューした。翌年の『醉いどれ天使』から黒澤明とコンビを組んで『羅生門』『七人の侍』『蜘蛛巣城』『用心棒』など計15本に主演したほか、岡本喜八監督『日本のいちばん長い日』、熊井啓監督『黒部の太陽』や、墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』といった海外映画にも多く出演した。黒澤が世界的な監督になるとともに、三船も国際的なスターとなり、日本では世界のミフネ、英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれ、世界中の映画関係者に影響を与えた(・を参照)。 栄典及び称号に、芸術選奨・勲三等瑞宝章・紫綬褒章・川喜多賞・芸術文化勲章・ロサンゼルス市名誉市民・カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉学位。1961年と1965年にヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。 元俳優で映画プロデューサーの三船史郎は本妻(元女優の吉峰幸子)との、タレントの三船美佳は内縁の妻(女優の喜多川美佳)との間にもうけた子供。 (ja)
rdfs:label
  • 三船敏郎 (ja)
  • 三船敏郎 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • みふね としろう (ja)
  • 三船 敏郎 (ja)
  • みふね としろう (ja)
  • 三船 敏郎 (ja)
is dbo:producer of
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:starring of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:製作 of
is prop-ja:製作総指揮 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of