Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『三熊野詣』(みくまのもうで)は、三島由紀夫の短編小説。民俗学者の折口信夫をモデルにした作品である。1965年(昭和40年)、雑誌『新潮』1月号に掲載され、同年7月30日に新潮社より単行本刊行された。同書には他に3編の短編が収録されている。現行版は新潮文庫の『殉教』で刊行されている。翻訳版は1989年(平成元年)にジョン・ベスター訳(英題:Acts of Worship)でなされている。歌人で国文学博士の老教授と、先生を崇拝する弟子の寡婦が熊野詣に旅する物語。亡き初恋の人の名前を象る三つの櫛を熊野三山の内庭に埋める先生に同道しながら、様々な想いが錯綜する静かな女の心理と、彼女を証人にして自らの物語を創造しようとする孤独な人間の姿が、荘厳な熊野の風景を背景に描かれている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:illustrator
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:mediaType
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2757657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6221 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58612873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:illustrator
  • 装幀:観世宗家所蔵意匠
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:origTitle
  • Acts of Worship
prop-ja:pages
  • 204 (xsd:integer)
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --07-30
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 三熊野詣
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『三熊野詣』(みくまのもうで)は、三島由紀夫の短編小説。民俗学者の折口信夫をモデルにした作品である。1965年(昭和40年)、雑誌『新潮』1月号に掲載され、同年7月30日に新潮社より単行本刊行された。同書には他に3編の短編が収録されている。現行版は新潮文庫の『殉教』で刊行されている。翻訳版は1989年(平成元年)にジョン・ベスター訳(英題:Acts of Worship)でなされている。歌人で国文学博士の老教授と、先生を崇拝する弟子の寡婦が熊野詣に旅する物語。亡き初恋の人の名前を象る三つの櫛を熊野三山の内庭に埋める先生に同道しながら、様々な想いが錯綜する静かな女の心理と、彼女を証人にして自らの物語を創造しようとする孤独な人間の姿が、荘厳な熊野の風景を背景に描かれている。
rdfs:label
  • 三熊野詣
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Acts of Worship
  • 三熊野詣
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of