三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられるようになり、当て字が使われ)新編相模国風土記稿では「美宇羅」とされた。何故「みうら」を「三浦」と「三」を用いて表記するようになったかについては、この半島は東・西・南の三方が浦(=湾、入り組んだ海岸など)で囲まれていたから、とも。

Property Value
dbo:abstract
  • 三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられるようになり、当て字が使われ)新編相模国風土記稿では「美宇羅」とされた。何故「みうら」を「三浦」と「三」を用いて表記するようになったかについては、この半島は東・西・南の三方が浦(=湾、入り組んだ海岸など)で囲まれていたから、とも。 (ja)
  • 三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられるようになり、当て字が使われ)新編相模国風土記稿では「美宇羅」とされた。何故「みうら」を「三浦」と「三」を用いて表記するようになったかについては、この半島は東・西・南の三方が浦(=湾、入り組んだ海岸など)で囲まれていたから、とも。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 26788 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7355 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81591067 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 三浦半島の位置 (ja)
  • 三浦半島の位置 (ja)
prop-ja:float
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:latD
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:latM
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:latNs
  • N (ja)
  • N (ja)
prop-ja:latS
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:longD
  • 139 (xsd:integer)
prop-ja:longEw
  • E (ja)
  • E (ja)
prop-ja:longM
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:longS
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:mark
  • Cercle rouge 100%.svg (ja)
  • Cercle rouge 100%.svg (ja)
prop-ja:marksize
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:position
  • left (ja)
  • left (ja)
prop-ja:relief
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられるようになり、当て字が使われ)新編相模国風土記稿では「美宇羅」とされた。何故「みうら」を「三浦」と「三」を用いて表記するようになったかについては、この半島は東・西・南の三方が浦(=湾、入り組んだ海岸など)で囲まれていたから、とも。 (ja)
  • 三浦半島(みうらはんとう)は、神奈川県南東部にある半島である。 「みうら」という地名は古代から用いられており、『日本書紀』に「御浦」(みうら)と記載されていた。当時は朝廷の所領だったのでこう(「御」をつけて)呼ばれていたという。(半島全体を指し)万葉集では「御宇良崎」、(その後「御」の字は避けられるようになり、当て字が使われ)新編相模国風土記稿では「美宇羅」とされた。何故「みうら」を「三浦」と「三」を用いて表記するようになったかについては、この半島は東・西・南の三方が浦(=湾、入り組んだ海岸など)で囲まれていたから、とも。 (ja)
rdfs:label
  • 三浦半島 (ja)
  • 三浦半島 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:m of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of