Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三河武士(みかわぶし)とは、徳川家康に仕えて、江戸幕府創業に貢献した譜代の三河出身の家臣の総称。三河衆(みかわしゅう)ともいう。酒井忠次や本多忠勝ら家康の主な家臣は三河武士で構成されていた。一般的に精強で家康への忠誠心が強いとされ、鳥居元忠らがその典型とされる。語源は、大久保忠教著『三河物語』に、「三河之者」「三河衆」とある(織田信長の加勢に来た徳川勢の呼称)。また、『柳営秘鑑』にも「三河衆」とある。また、同じ三河国内でも東三河のように、徳川家康の影響力が及ばなかった時代(三河国統一以前)には、「東三河衆」と記述されている。三河武士は、徳川家(安祥松平家・松平宗家)が、本拠地を置いていた西三河の安祥城、岡崎城の周辺に多い。また、仕えた時期によって、安祥譜代、岡崎譜代、駿河以降之譜代と区別する。譜代家臣の区別は、『柳営秘鑑』に詳細が記載してある。三河出身の親藩、譜代大名は279藩のうち123藩あり、直参旗本では840家のうち295家を数える。幕末に編纂された『徳川実紀』において、三方ヶ原の合戦で、馬場信春が武田信玄に、「三河武者」と言ったと記載される。また、同じ『徳川実紀』に、小牧・長久手の戦いにおいては、「三河武士」という用語が用いられている。江戸時代末期において、三河武者、三河武士という用語を使い出したようで、戦国時代の風潮が残る江戸時代初頭では、『三河物語』にあるように、「三河衆」という呼称が使われたと思われる。徳川家康の生誕地である岡崎市が三河武士発祥の地としており、三河武士のルーツをテーマとした三河武士のやかた家康館がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 967017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58799974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三河武士(みかわぶし)とは、徳川家康に仕えて、江戸幕府創業に貢献した譜代の三河出身の家臣の総称。三河衆(みかわしゅう)ともいう。酒井忠次や本多忠勝ら家康の主な家臣は三河武士で構成されていた。一般的に精強で家康への忠誠心が強いとされ、鳥居元忠らがその典型とされる。語源は、大久保忠教著『三河物語』に、「三河之者」「三河衆」とある(織田信長の加勢に来た徳川勢の呼称)。また、『柳営秘鑑』にも「三河衆」とある。また、同じ三河国内でも東三河のように、徳川家康の影響力が及ばなかった時代(三河国統一以前)には、「東三河衆」と記述されている。三河武士は、徳川家(安祥松平家・松平宗家)が、本拠地を置いていた西三河の安祥城、岡崎城の周辺に多い。また、仕えた時期によって、安祥譜代、岡崎譜代、駿河以降之譜代と区別する。譜代家臣の区別は、『柳営秘鑑』に詳細が記載してある。三河出身の親藩、譜代大名は279藩のうち123藩あり、直参旗本では840家のうち295家を数える。幕末に編纂された『徳川実紀』において、三方ヶ原の合戦で、馬場信春が武田信玄に、「三河武者」と言ったと記載される。また、同じ『徳川実紀』に、小牧・長久手の戦いにおいては、「三河武士」という用語が用いられている。江戸時代末期において、三河武者、三河武士という用語を使い出したようで、戦国時代の風潮が残る江戸時代初頭では、『三河物語』にあるように、「三河衆」という呼称が使われたと思われる。徳川家康の生誕地である岡崎市が三河武士発祥の地としており、三河武士のルーツをテーマとした三河武士のやかた家康館がある。
rdfs:label
  • 三河武士
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of