Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三河後風土記(みかわごふどき)は、近世に書かれた徳川氏創業期に関する歴史書。著者不詳。全45巻。偽書説がある。徳川氏創業史の一つで、徳川氏が祖と称している清和源氏から徳川家康将軍就任までを、年代順に記述する。著者・成立年代については、慶長15年(1610年)5月成立の平岩親吉著と序にあるものの、正保年間以後の成立と考証され、著者も不明である。のち改編を行った成島司直は沢田源内の著作とする。また、『三河物語』、『松平記』といった他の創業史参照は見られない。類書として『三河後風土記正説』、『三河後風土記正説大全』があり、広く流布したと目されるが、速見行道の『偽書叢』など偽書目録の多くで偽書とされ、著者・成立年代に不備があり、徳川家歴代を賛美する面が強い。天保3年(1832年)9月には、徳川家斉の命により、成島司直の手で『三河後風土記』の改編および『三河物語』などでの校正がなされ、序文・首巻が付けられた『改正三河後風土記』全42巻(天保8年完成)が作られている。こちらは将軍に献上もされており、偽書ではなく江戸幕府の編纂物の一つともいえる。ただし成島の完全な著作ではなく、原典に他の文献を出典として明示している形式である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1523969 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58029250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三河後風土記(みかわごふどき)は、近世に書かれた徳川氏創業期に関する歴史書。著者不詳。全45巻。偽書説がある。徳川氏創業史の一つで、徳川氏が祖と称している清和源氏から徳川家康将軍就任までを、年代順に記述する。著者・成立年代については、慶長15年(1610年)5月成立の平岩親吉著と序にあるものの、正保年間以後の成立と考証され、著者も不明である。のち改編を行った成島司直は沢田源内の著作とする。また、『三河物語』、『松平記』といった他の創業史参照は見られない。類書として『三河後風土記正説』、『三河後風土記正説大全』があり、広く流布したと目されるが、速見行道の『偽書叢』など偽書目録の多くで偽書とされ、著者・成立年代に不備があり、徳川家歴代を賛美する面が強い。天保3年(1832年)9月には、徳川家斉の命により、成島司直の手で『三河後風土記』の改編および『三河物語』などでの校正がなされ、序文・首巻が付けられた『改正三河後風土記』全42巻(天保8年完成)が作られている。こちらは将軍に献上もされており、偽書ではなく江戸幕府の編纂物の一つともいえる。ただし成島の完全な著作ではなく、原典に他の文献を出典として明示している形式である。
rdfs:label
  • 三河後風土記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of