Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三段論法(さんだんろんぽう、希: συλλογισμός, シュロギスモス、羅: syllogismus、英: syllogism)は、論理学における論理的推論の型式のひとつ。典型的には、大前提、小前提および結論という3個の命題を取り扱う。これを用いた結論が真であるためには、前提が真であること、および論理の法則(同一律、無矛盾律、排中律、および充足理由律)が守られることが必要とされる。アリストテレスの『オルガノン』(『分析論前書』『分析論後書』)によって整備された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 194 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58430284 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三段論法(さんだんろんぽう、希: συλλογισμός, シュロギスモス、羅: syllogismus、英: syllogism)は、論理学における論理的推論の型式のひとつ。典型的には、大前提、小前提および結論という3個の命題を取り扱う。これを用いた結論が真であるためには、前提が真であること、および論理の法則(同一律、無矛盾律、排中律、および充足理由律)が守られることが必要とされる。アリストテレスの『オルガノン』(『分析論前書』『分析論後書』)によって整備された。
rdfs:label
  • 三段論法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableIdea of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:特記すべき概念 of
is foaf:primaryTopic of