Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三条西 季知(さんじょうにし すえとも)は、江戸時代後期から明治期の公卿。安政5年(1858年)、権中納言となり重んじられるが、文久3年(1863年)公武合体派の策略により、三条実美らと長州へ下向、いわゆる七卿落ちの一人となる。その後さらに大宰府まで走り、やがて王政復古の大号令によって赦され、権大納言に復し帰洛。明治元年(1868年)には皇太后宮権大夫となった。明治維新後、参与、教部省教導職の長官である大教正兼神宮祭主となった。三条西家の当主だけあって歌道の宗匠として知られ、西四辻公業とともに明治天皇の歌道師範となった。季知自身は三条西家分家当主の高松公祐に師事した。また、三条西家は香道の宗匠家としても知られ、季知自身も公家文化を担うこの時代の文化人の一人であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1166678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58883102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 季知、押小路公連室
prop-ja:別名
  • 蓬翁(号)
prop-ja:墓所
  • 東京都台東区谷中の谷中霊園
prop-ja:
  • 公允
prop-ja:官位
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --08-24
prop-ja:氏名
  • 三条西 季知
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:三条西実勲、母:三条実起の長女
prop-ja:生誕
  • --02-26
prop-ja:画像
  • Sanjonishi Suetomo.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三条西 季知(さんじょうにし すえとも)は、江戸時代後期から明治期の公卿。安政5年(1858年)、権中納言となり重んじられるが、文久3年(1863年)公武合体派の策略により、三条実美らと長州へ下向、いわゆる七卿落ちの一人となる。その後さらに大宰府まで走り、やがて王政復古の大号令によって赦され、権大納言に復し帰洛。明治元年(1868年)には皇太后宮権大夫となった。明治維新後、参与、教部省教導職の長官である大教正兼神宮祭主となった。三条西家の当主だけあって歌道の宗匠として知られ、西四辻公業とともに明治天皇の歌道師範となった。季知自身は三条西家分家当主の高松公祐に師事した。また、三条西家は香道の宗匠家としても知られ、季知自身も公家文化を担うこの時代の文化人の一人であった。
rdfs:label
  • 三条西季知
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:人物 of
is foaf:primaryTopic of