Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三島由紀夫文学館(みしまゆきおぶんがくかん)は、山梨県南都留郡山中湖村平野の「山中湖文学の森」内にある文学館。三島由紀夫唯一の文学館として、1999年(平成11年)7月3日に開館した。公的機関での三島資料の保存・利用を希望する三島の遺族の意向と、「山中湖文学の森」建設の構想が一致したことから、三島文学の研究と普及を基本理念として設立された。運営は山中湖村教育委員会。初代館長は佐伯彰一(現館長は松本徹)である。三島由紀夫文学館は、フランス発行の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009』において2つ星となった。館内には、三島由紀夫の全初版本をはじめ、直筆原稿、創作・取材ノート、肉筆資料、絵画、書簡、肖像写真、著書、研究書、翻訳書、初出誌、映画・演劇資料などが保管され、一部を展示している。映像や検索用パソコンなどによる資料写真や解説も紹介され、三島の生涯や文学を垣間見ることができる。三島と山中湖は特に強い縁はないが、自衛隊の体験入隊では、山中湖近辺で山地踏破訓練をしており、小説『暁の寺(豊饒の海・第三巻)』『蘭陵王』『恋と別離と』『蝶々』などには山中湖が登場する。『暁の寺』創作・取材ノートでは、三島がスケッチした山中湖一帯の地図が描かれ、富士山、旧鎌倉往還(現在・国道138号線)、北富士演習場や周辺の地名が記されている。三島由紀夫文学館の中庭には、三島邸(大田区南馬込)の一部をイメージ再現したアポロ像があり、「しゃくなげの道」を隔てた隣には、1998年(平成10年)7月25日に開館された「徳富蘇峰館」がある。その他、「山中湖文学の森」の園内には山中湖とゆかりのある文人や俳人の石碑(句碑・歌碑)が19基ある。また、富安風生の俳句を展示した「風生庵」、山中湖村で使われていた昔の農機具・民具を展示した「蒼生庵」、山中湖の文化資料・図書を所蔵する「情報創造館」などもある。
dbpedia-owl:collection
  • 約2200点(資料、原稿類)
  • 約6050冊(図書、雑誌類)
dbpedia-owl:curator
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:location
dbpedia-owl:operatedBy
dbpedia-owl:postalCode
  • 401-0502
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3205734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9043 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58390681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagesize
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:mapSize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:nativeName
  • Mishima Yukio Literary Museum
prop-ja:nativeNameLang
  • en
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アクセス
  • 〈マイカー〉山中湖I.C.から国道138号を御殿場方面へ4km。
  • 〈富士急行路線バス〉富士山駅から約25分/御殿場駅から約40分。「文学の森公園前」バス停下車徒歩5分。
  • 〈中央高速バス〉旭日丘バスターミナル下車。徒歩15分。
prop-ja:事業主体
  • 山中湖村
prop-ja:公式サイト
prop-ja:収蔵作品数
  • 約2200点(資料、原稿類)
  • 約6050冊(図書、雑誌類)
prop-ja:名称
  • 三島由紀夫文学館
prop-ja:専門分野
prop-ja:延床面積
  • 560.41
prop-ja:建物設計
  • RC造2階建て
  • 大宇根建築設計事務所
prop-ja:所在地
  • 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
prop-ja:所在地郵便番号
  • 401 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Mishima Yukio Literature Museum.JPG
prop-ja:画像説明
  • --04-25
prop-ja:管理運営
  • 山中湖村教育委員会
prop-ja:開館
  • --07-03
prop-ja:館長
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 三島由紀夫文学館(みしまゆきおぶんがくかん)は、山梨県南都留郡山中湖村平野の「山中湖文学の森」内にある文学館。三島由紀夫唯一の文学館として、1999年(平成11年)7月3日に開館した。公的機関での三島資料の保存・利用を希望する三島の遺族の意向と、「山中湖文学の森」建設の構想が一致したことから、三島文学の研究と普及を基本理念として設立された。運営は山中湖村教育委員会。初代館長は佐伯彰一(現館長は松本徹)である。三島由紀夫文学館は、フランス発行の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009』において2つ星となった。館内には、三島由紀夫の全初版本をはじめ、直筆原稿、創作・取材ノート、肉筆資料、絵画、書簡、肖像写真、著書、研究書、翻訳書、初出誌、映画・演劇資料などが保管され、一部を展示している。映像や検索用パソコンなどによる資料写真や解説も紹介され、三島の生涯や文学を垣間見ることができる。三島と山中湖は特に強い縁はないが、自衛隊の体験入隊では、山中湖近辺で山地踏破訓練をしており、小説『暁の寺(豊饒の海・第三巻)』『蘭陵王』『恋と別離と』『蝶々』などには山中湖が登場する。『暁の寺』創作・取材ノートでは、三島がスケッチした山中湖一帯の地図が描かれ、富士山、旧鎌倉往還(現在・国道138号線)、北富士演習場や周辺の地名が記されている。三島由紀夫文学館の中庭には、三島邸(大田区南馬込)の一部をイメージ再現したアポロ像があり、「しゃくなげの道」を隔てた隣には、1998年(平成10年)7月25日に開館された「徳富蘇峰館」がある。その他、「山中湖文学の森」の園内には山中湖とゆかりのある文人や俳人の石碑(句碑・歌碑)が19基ある。また、富安風生の俳句を展示した「風生庵」、山中湖村で使われていた昔の農機具・民具を展示した「蒼生庵」、山中湖の文化資料・図書を所蔵する「情報創造館」などもある。
rdfs:label
  • 三島由紀夫文学館
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Mishima Yukio Literary Museum
  • 三島由紀夫文学館
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of