Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三宅 米吉(みやけ よねきち、1860年7月1日(万延元年5月13日) - 1929年(昭和4年)11月11日)は、近代日本の歴史学者、国語学者。号は昭軒。紀伊国和歌山城下出身。慶應義塾に学んだ後、新潟学校、千葉師範学校、東京師範学校に勤務。1886年(明治19年)に大手教科書出版社・金港堂に入社し、同社の支援よる欧米留学を経て、教科書や雑誌の編集に従事。1895年(明治28年)以降は高等師範学校、東京高等師範学校教授および帝国博物館、東京帝室博物館の要職を長く務めた。1901年(明治34年)には考古学会会長、文学博士となり、晩年は東京高等師範学校長、東京帝室博物館総長、宮中顧問官、帝国学士院会員も務めた。また、高師校長時代は東京文理科大学設立に尽力し、初代学長にも就任している。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2005839 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58736459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • 1860-07-01 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 紀伊国和歌山城下(現・和歌山県和歌山市)
prop-ja:deathDate
  • 1929-11-11 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京府東京市小石川区原町(現・東京都文京区小石川)
prop-ja:degree
  • 文学博士(日本・1901年)
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:institution
prop-ja:mainInterests
prop-ja:majorWorks
  • 「法隆寺所蔵四天王紋錦旗」(1891年)
  • 「漢委奴国王印考」(1891年)
  • 「邪馬台国について」(1922年)
  • 『日本史学提要 第一編』(1886年)
  • 『益軒ノ教育法』(1890年)
prop-ja:name
  • 三宅 米吉
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
prop-ja:years
  • 1901 (xsd:integer)
  • 1922 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 三宅 米吉(みやけ よねきち、1860年7月1日(万延元年5月13日) - 1929年(昭和4年)11月11日)は、近代日本の歴史学者、国語学者。号は昭軒。紀伊国和歌山城下出身。慶應義塾に学んだ後、新潟学校、千葉師範学校、東京師範学校に勤務。1886年(明治19年)に大手教科書出版社・金港堂に入社し、同社の支援よる欧米留学を経て、教科書や雑誌の編集に従事。1895年(明治28年)以降は高等師範学校、東京高等師範学校教授および帝国博物館、東京帝室博物館の要職を長く務めた。1901年(明治34年)には考古学会会長、文学博士となり、晩年は東京高等師範学校長、東京帝室博物館総長、宮中顧問官、帝国学士院会員も務めた。また、高師校長時代は東京文理科大学設立に尽力し、初代学長にも就任している。
rdfs:label
  • 三宅米吉
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of