三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。 戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。

Property Value
dbo:abstract
  • 三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。 戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。 (ja)
  • 三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。 戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。 (ja)
dbo:casualties
  • 8000000 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 23px
  • 17pxブラウンシュヴァイク=リューネブルク選帝侯領
  • (1625-30)
  • (1625–1629)
  • (1630–)
  • (1635–)
  • (1643–1645)
  • *オーストリア大公国
  • *カトリック連盟
  • *ボヘミア王国(1620-)
  • 23px王領ハンガリー
  • トランシルヴァニア公国
  • ブランデンブルク=プロイセン
  • プファルツ選帝侯領(-1623)
  • ボヘミア王国(1618-1620)
  • ローマ・カトリック勢力
  • 反ハプスブルク家勢力
  • 新教徒勢力
dbo:description
  • 白山の戦い (ja)
  • 白山の戦い (ja)
dbo:opponents
dbo:result
  • *ハプスブルク家の縮減
  • *バルト帝国の興隆
  • *フランス・スペイン戦争
  • *ブルボン朝フランス王国の興隆
  • *ヨーロッパ封建体制の衰退
  • *ヴェストファーレン条約
  • *主権国家体制の成立
  • *神聖ローマ帝国の求心力の喪失
  • *カトリック教会の勢力と影響力の実質的な低下
  • 新教徒勢力の勝利
dbo:strength
  • * 20–30,000人 ハンガリー (反ハプスブルク家勢力)
  • * 100–200,000人 ドイツ
  • * 150,000人 スウェーデン
  • * 150,000人 フランス
  • * 30-40,000人 ボヘミア
  • * 50,000人 デンマーク=ノルウェー
  • * 6,000人 トランシルバニア
  • * 75,000人 ネーデルラント
  • * 約: 100–150,000人 ドイツ
  • 450,000 人:
  • 661,000人 :
  • * 300,000人 スペイン (スペイン領ネーデルラント及びイタリアからの兵を含む)
  • * 約: 20,000人 ハンガリー及びクロアチアの騎士
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 29284 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 40648 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80771596 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:casualties
  • 一般民衆を含め約8,000,000人 (ja)
  • 一般民衆を含め約8,000,000人 (ja)
prop-ja:combatant
  • 17 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
  • トランシルヴァニア公国 (ja)
  • プファルツ選帝侯領 (ja)
  • ボヘミア王国 (ja)
  • ブランデンブルク=プロイセン (ja)
  • ローマ・カトリック勢力 * カトリック連盟 * オーストリア大公国 * ボヘミア王国 (ja)
  • 反ハプスブルク家勢力 (ja)
  • 新教徒勢力 (ja)
prop-ja:commander
  • 17 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • アクセル・オクセンシェルナ (ja)
  • カール10世 (ja)
  • クリスチャン4世 (ja)
  • グスタフ2世アドルフ (ja)
  • ボフダン・フメリニツキー (ja)
  • リシュリュー (ja)
  • ルイ13世 (ja)
  • オラニエ公フレデリック・ヘンドリック (ja)
  • コンデ公ルイ2世 (ja)
  • エルンスト・カシミール (ja)
  • オスマン2世 (ja)
  • アンハルト=ベルンブルク侯クリスティアン1世 (ja)
  • グスタフ・ホルン (ja)
  • アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン (ja)
  • ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世 (ja)
  • レンナート・トルステンソン (ja)
  • フェルディナント2世 (ja)
  • フェルディナント3世 (ja)
  • ティリー伯ヨハン・セルクラエス (ja)
  • ヘンドリック・カシミール1世 (ja)
  • ベトレン・ガーボル (ja)
  • ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマル (ja)
  • バイエルン選帝侯マクシミリアン1世 (ja)
  • バッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ (ja)
  • エルンスト・フォン・マンスフェルト (ja)
  • アレクサンダー・レズリー (ja)
  • オラニエ公マウリッツ (ja)
  • フランス大元帥テュレンヌ (ja)
  • マールテン・トロンプ (ja)
  • プファルツ選帝侯フリードリヒ5世(冬王) (ja)
prop-ja:conflict
  • 三十年戦争 (ja)
  • 三十年戦争 (ja)
prop-ja:date
  • 1618 (xsd:integer)
prop-ja:place
  • ヨーロッパ(主に、現在のドイツ) (ja)
  • ヨーロッパ(主に、現在のドイツ) (ja)
prop-ja:result
  • 新教徒勢力の勝利 * ヴェストファーレン条約 * 主権国家体制の成立 * ハプスブルク家の縮減 * ブルボン朝フランス王国の興隆 * バルト帝国の興隆 * ヨーロッパ封建体制の衰退 * 神聖ローマ帝国の求心力の喪失 * フランス・スペイン戦争 * カトリック教会の勢力と影響力の実質的な低下 (ja)
  • 新教徒勢力の勝利 * ヴェストファーレン条約 * 主権国家体制の成立 * ハプスブルク家の縮減 * ブルボン朝フランス王国の興隆 * バルト帝国の興隆 * ヨーロッパ封建体制の衰退 * 神聖ローマ帝国の求心力の喪失 * フランス・スペイン戦争 * カトリック教会の勢力と影響力の実質的な低下 (ja)
prop-ja:strength
  • 450000 (xsd:integer)
  • 661000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。 戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。 (ja)
  • 三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた国際戦争。ドイツとスイスでの宗教改革による新教派(プロテスタント)とカトリックとの対立のなか展開された最後で最大の宗教戦争といわれる。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争が神聖ローマ帝国国外以外にも波及。当時のヨーロッパでは大国として大きな影響力を持っていたデンマーク、スウェーデン、フランス、スペインなどヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。 戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。統一的な様相としては、フランス王国ブルボン家およびネーデルラント連邦共和国と、スペイン・オーストリア両ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いであった。 (ja)
rdfs:label
  • 三十年戦争 (ja)
  • 三十年戦争 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:isPartOfMilitaryConflict of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:内容 of
is prop-ja:変遷 of
is foaf:primaryTopic of