Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三十年式歩兵銃(さんじゅうねんしきほへいじゅう)または三十年式小銃(さんじゅうねんしきしょうじゅう)は、1897年(明治30年)に採用された大日本帝国陸軍のボルトアクション式小銃。近代的な国産連発式小銃として日露戦争では帝国陸軍の主力小銃として使用された。開発者は有坂成章。欧米では三十年式歩兵銃および三十年式歩兵銃を直接・間接的に母体とする小銃(三八式歩兵銃・九九式小銃など)をまとめて「アリサカ・ライフル(Arisaka rifle)」と呼称する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 390025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57794240 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • [[#派生型]]
prop-ja:ライフリング
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
prop-ja:全長
  • 1275.0
prop-ja:口径
  • 6.5
prop-ja:名称
  • 三十年式歩兵銃 / 三十年式小銃
prop-ja:戦争
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 55400045000 (xsd:double)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1897 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 三十年式歩兵銃
prop-ja:重量
  • 3850.0
prop-ja:銃口初速
  • 700.0
prop-ja:銃身長
  • 790.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三十年式歩兵銃(さんじゅうねんしきほへいじゅう)または三十年式小銃(さんじゅうねんしきしょうじゅう)は、1897年(明治30年)に採用された大日本帝国陸軍のボルトアクション式小銃。近代的な国産連発式小銃として日露戦争では帝国陸軍の主力小銃として使用された。開発者は有坂成章。欧米では三十年式歩兵銃および三十年式歩兵銃を直接・間接的に母体とする小銃(三八式歩兵銃・九九式小銃など)をまとめて「アリサカ・ライフル(Arisaka rifle)」と呼称する。
rdfs:label
  • 三十年式歩兵銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of