Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 万年救護の大本尊(まんねんくごのだいほんぞん)は、『日蓮大聖人御真蹟御本尊集』(立正安国会)の16番本尊の通称。文永11年12月に図顕された大曼荼羅で、千葉県保田妙本寺に現存している。一天四海皆帰妙法を達成するまでは公表すべきではないとされ、日郷門下により密かに恪護されてきた。しかし江戸期に版木が流出したため複製されてしまった。皮肉なことに、万年救護の大本尊は公開されていなかったため、それが複製であっても、手本のない物、つまり複製ではない新たに発見された真筆として出回ってしまった可能性がある。同じ通称の大曼荼羅が北山本門寺、上条大石寺(大講堂安置の板本尊)、京都要法寺に存在する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1769009 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47163070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 万年救護の大本尊(まんねんくごのだいほんぞん)は、『日蓮大聖人御真蹟御本尊集』(立正安国会)の16番本尊の通称。文永11年12月に図顕された大曼荼羅で、千葉県保田妙本寺に現存している。一天四海皆帰妙法を達成するまでは公表すべきではないとされ、日郷門下により密かに恪護されてきた。しかし江戸期に版木が流出したため複製されてしまった。皮肉なことに、万年救護の大本尊は公開されていなかったため、それが複製であっても、手本のない物、つまり複製ではない新たに発見された真筆として出回ってしまった可能性がある。同じ通称の大曼荼羅が北山本門寺、上条大石寺(大講堂安置の板本尊)、京都要法寺に存在する。
rdfs:label
  • 万年救護の大本尊
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of