Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 七高僧(しちこうそう)とは、浄土真宗の宗祖とされる親鸞が選定した7人の高僧のこと。「正信念仏偈」の依釈段や、『高僧和讃』に示してある。選定の理由願生浄土者自らが、阿弥陀仏の本願を信じた上で、念仏し生きたこと。自力による行・念仏によって浄土往生しようとした者は、選定されていない。開顕の釈功阿弥陀仏の本願を顕かにする上で、先人の踏襲ではなく、独自の教義展開(発揮)があること。諸説の了否阿弥陀仏の本願の趣旨に相応していること。製作の有無書物を著し後世に弘伝したこと。七高僧の著述を総称して、「七祖聖教」(しちそしょうぎょう)・「七高僧論釈章疏」とよぶ。天竺(印度)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 290532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58681752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 七高僧(しちこうそう)とは、浄土真宗の宗祖とされる親鸞が選定した7人の高僧のこと。「正信念仏偈」の依釈段や、『高僧和讃』に示してある。選定の理由願生浄土者自らが、阿弥陀仏の本願を信じた上で、念仏し生きたこと。自力による行・念仏によって浄土往生しようとした者は、選定されていない。開顕の釈功阿弥陀仏の本願を顕かにする上で、先人の踏襲ではなく、独自の教義展開(発揮)があること。諸説の了否阿弥陀仏の本願の趣旨に相応していること。製作の有無書物を著し後世に弘伝したこと。七高僧の著述を総称して、「七祖聖教」(しちそしょうぎょう)・「七高僧論釈章疏」とよぶ。天竺(印度)
rdfs:label
  • 七高僧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of