Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 七殿五舎(しちでんごしゃ)とは、平安京内裏の紫宸殿や仁寿殿の後方に位置し、主に天皇の后妃の住まう殿舎を指す。これらは後宮と総称され、后妃以外にも東宮やその妃、また親王・内親王などもしばしば殿舎を賜った。七殿弘徽殿承香殿麗景殿登華殿貞観殿宣耀殿常寧殿五舎飛香舎(藤壺)凝花舎(梅壺)昭陽舎(梨壺)淑景舎(桐壺)襲芳舎(雷鳴壺)からなる。七殿は七間四面(身舎(もや)が東西七間・南北二間で四方に庇がある)、五舎は五間四面(身舎が東西五間・南北二間で四方に庇がある)で、このうち昭陽舎と淑景舎のみ、それぞれ五間二面の北舎が付属する。七殿は内裏創建時から存在し、五舎よりも格が上であるとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 847231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58893559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 七殿五舎(しちでんごしゃ)とは、平安京内裏の紫宸殿や仁寿殿の後方に位置し、主に天皇の后妃の住まう殿舎を指す。これらは後宮と総称され、后妃以外にも東宮やその妃、また親王・内親王などもしばしば殿舎を賜った。七殿弘徽殿承香殿麗景殿登華殿貞観殿宣耀殿常寧殿五舎飛香舎(藤壺)凝花舎(梅壺)昭陽舎(梨壺)淑景舎(桐壺)襲芳舎(雷鳴壺)からなる。七殿は七間四面(身舎(もや)が東西七間・南北二間で四方に庇がある)、五舎は五間四面(身舎が東西五間・南北二間で四方に庇がある)で、このうち昭陽舎と淑景舎のみ、それぞれ五間二面の北舎が付属する。七殿は内裏創建時から存在し、五舎よりも格が上であるとされる。
rdfs:label
  • 七殿五舎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of