Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一眼レフカメラ(いちがんレフカメラ、英:Single-lens reflex camera 、SLR)とはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるため(一眼)、ファインダーから見える像が撮影される写真の像と一致する。ドイツ語のシュピーゲル・レフレックス(Spiegelreflex 、鏡の反射)という言葉通り、反射鏡を使ってファインダースクリーンに結像させる機構が特徴であり、レフの語源もここにある。フィルムカメラ、デジタルカメラの両方に存在し、20世紀中盤以降から現在に至るまで、レンズ交換可能なカメラの主流となっている方式である。なお、一眼レフと異なる構造を持つカメラとしては、二眼レフカメラやレンジファインダーカメラやミラーレス一眼カメラなどが挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2411 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58185497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:中身の概要
  • 一眼レフカメラができるまでの流れを説明した動画。取材先は宮城県名取市の仙台ニコン
prop-ja:動画タイトル
  • 一眼レフカメラのできるまで
prop-ja:動画番号
  • B980601003
prop-ja:時間
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:番組番号
  • B980601
prop-ja:製作年度
  • 1998 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一眼レフカメラ(いちがんレフカメラ、英:Single-lens reflex camera 、SLR)とはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるため(一眼)、ファインダーから見える像が撮影される写真の像と一致する。ドイツ語のシュピーゲル・レフレックス(Spiegelreflex 、鏡の反射)という言葉通り、反射鏡を使ってファインダースクリーンに結像させる機構が特徴であり、レフの語源もここにある。フィルムカメラ、デジタルカメラの両方に存在し、20世紀中盤以降から現在に至るまで、レンズ交換可能なカメラの主流となっている方式である。なお、一眼レフと異なる構造を持つカメラとしては、二眼レフカメラやレンジファインダーカメラやミラーレス一眼カメラなどが挙げられる。
rdfs:label
  • 一眼レフカメラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is foaf:primaryTopic of