Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一瀬 栄正(いちのせ ひでまさ、生年不明 - 天正4年(1576年)11月11日))は、戦国時代の武将。前名は田中栄正。妻は中浦純吉の妹。子に一瀬栄相。肥前大村を領する大村氏家臣。朝長純利と共に大村氏を支え、合戦で多くの戦功を挙げた。栄正の姓が一瀬となった由来は、大村氏に味方する長崎領主・長崎純景が深堀純賢の攻撃を受けた際、援軍に駆けつけ、一瀬口で戦功を挙げたため、主君である大村純忠から「一瀬」の姓を賜ったからである。また、栄正は、永禄6年(1563年)に主君である大村純忠と共にコスメ・デ・トーレス神父から洗礼を受けた重臣25名の一人である。天正4年(1576年)没。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3057223 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58078103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一瀬 栄正(いちのせ ひでまさ、生年不明 - 天正4年(1576年)11月11日))は、戦国時代の武将。前名は田中栄正。妻は中浦純吉の妹。子に一瀬栄相。肥前大村を領する大村氏家臣。朝長純利と共に大村氏を支え、合戦で多くの戦功を挙げた。栄正の姓が一瀬となった由来は、大村氏に味方する長崎領主・長崎純景が深堀純賢の攻撃を受けた際、援軍に駆けつけ、一瀬口で戦功を挙げたため、主君である大村純忠から「一瀬」の姓を賜ったからである。また、栄正は、永禄6年(1563年)に主君である大村純忠と共にコスメ・デ・トーレス神父から洗礼を受けた重臣25名の一人である。天正4年(1576年)没。
rdfs:label
  • 一瀬栄正
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of