Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一瀬勇三郎(いちのせ ゆうざぶろう、安政元年11月21日(1855年1月9日) - 昭和5年(1930年)5月15日)は明治時代の司法官僚。従三位勲二等。明治3年(1870年)大村藩貢進生として大学南校に入学、在学中司法省に出仕し、法学校卒業後、明治19年(1886年)洋行し、ベルリン、パリを視察した。明治23年(1890年)帰国し、長崎地方裁判所検事正、横浜地方裁判所検事正、大阪地方裁判所検事正、広島控訴院長、函館控訴院長等を歴任した。大正2年(1913年)東京に隠棲し、昭和2年(1927年)故郷大村に帰って余生を過ごした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3204585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 169 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58829566 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一瀬勇三郎(いちのせ ゆうざぶろう、安政元年11月21日(1855年1月9日) - 昭和5年(1930年)5月15日)は明治時代の司法官僚。従三位勲二等。明治3年(1870年)大村藩貢進生として大学南校に入学、在学中司法省に出仕し、法学校卒業後、明治19年(1886年)洋行し、ベルリン、パリを視察した。明治23年(1890年)帰国し、長崎地方裁判所検事正、横浜地方裁判所検事正、大阪地方裁判所検事正、広島控訴院長、函館控訴院長等を歴任した。大正2年(1913年)東京に隠棲し、昭和2年(1927年)故郷大村に帰って余生を過ごした。
rdfs:label
  • 一瀬勇三郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of