Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一条 能氏(いちじょう よしうじ、生没年未詳)は、鎌倉時代前期の公家。一条高能の長男。母は側室で糟屋有季の娘。一条家中御門流。花山院侍従。一条少将。弟能継と共に鎌倉幕府と繋がりが深く、源実朝の建保6年(1218年)6月の左大将拝賀式、実朝が暗殺された建保7年(1219年)正月の右大臣拝賀式にも出席している。承久3年(1221年)6月の後鳥羽上皇と鎌倉幕府の対立による承久の乱では、叔父の信能・尊長らは上皇方の首謀者となっている。能氏は『尊卑分脈』に承久の乱で梟首されたとあり、上皇方であったともされるが、『吾妻鏡』には順徳院の佐渡配流に同行し、病のため途中で京に戻ったという記録が見られる。『承久記』慈光本では弟の能継が乱後に斬首されたとあり、能氏との混同が見られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2255020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52275818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一条 能氏(いちじょう よしうじ、生没年未詳)は、鎌倉時代前期の公家。一条高能の長男。母は側室で糟屋有季の娘。一条家中御門流。花山院侍従。一条少将。弟能継と共に鎌倉幕府と繋がりが深く、源実朝の建保6年(1218年)6月の左大将拝賀式、実朝が暗殺された建保7年(1219年)正月の右大臣拝賀式にも出席している。承久3年(1221年)6月の後鳥羽上皇と鎌倉幕府の対立による承久の乱では、叔父の信能・尊長らは上皇方の首謀者となっている。能氏は『尊卑分脈』に承久の乱で梟首されたとあり、上皇方であったともされるが、『吾妻鏡』には順徳院の佐渡配流に同行し、病のため途中で京に戻ったという記録が見られる。『承久記』慈光本では弟の能継が乱後に斬首されたとあり、能氏との混同が見られる。
rdfs:label
  • 一条能氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of