Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一条 実良(いちじょう さねよし、天保6年2月28日(1835年3月26日) - 慶応4年4月24日(1868年5月16日))は江戸時代後期の公家。一条忠香の子で、母は伏見宮邦家親王第2王女順子女王。昭憲皇太后(明治天皇皇后)の異母兄。妻は近衛忠煕の娘総子。子に良子(一条実輝の妻)、一条忠貞は養子。法号は華厳光寺。横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年(1867年)12月に王政復古の大号令が発せられ、公武合体派であることを理由に参内を停止された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1504025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 735 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 44428880 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一条 実良(いちじょう さねよし、天保6年2月28日(1835年3月26日) - 慶応4年4月24日(1868年5月16日))は江戸時代後期の公家。一条忠香の子で、母は伏見宮邦家親王第2王女順子女王。昭憲皇太后(明治天皇皇后)の異母兄。妻は近衛忠煕の娘総子。子に良子(一条実輝の妻)、一条忠貞は養子。法号は華厳光寺。横浜港の閉鎖などを建言する。慶応3年(1867年)12月に王政復古の大号令が発せられ、公武合体派であることを理由に参内を停止された。
rdfs:label
  • 一条実良
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of