Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一国平均役(いっこくへいきんやく)は、日本の中世において、朝廷の認可のもと、一国単位において、原則として荘園・公領を論ぜず、臨時に賦課された租税・課役である。一つの国で平均(一律的)に賦課されることから一国平均役と呼称される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 320646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57779002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一国平均役(いっこくへいきんやく)は、日本の中世において、朝廷の認可のもと、一国単位において、原則として荘園・公領を論ぜず、臨時に賦課された租税・課役である。一つの国で平均(一律的)に賦課されることから一国平均役と呼称される。
rdfs:label
  • 一国平均役
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of