Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 一世一元の詔(いっせいいちげんのみことのり)は、慶応4年9月8日(グレゴリオ暦1868年10月23日)、慶応4年を改めて明治元年とするとともに、天皇一代に元号一つという一世一元の制を定めた詔。明治改元の詔ともいう。国立国会図書館が運営する日本法令索引〔明治前期編〕では、1979年(昭和54年)に元号法制定によって一世一元の詔は効力が消滅したとされているが、法務省大臣官房司法法制調査部編集『現行日本法規』では、1899年(明治32年)の旧皇室典範の制定により失効したとされている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 862 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58264882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 一世一元の詔(いっせいいちげんのみことのり)は、慶応4年9月8日(グレゴリオ暦1868年10月23日)、慶応4年を改めて明治元年とするとともに、天皇一代に元号一つという一世一元の制を定めた詔。明治改元の詔ともいう。国立国会図書館が運営する日本法令索引〔明治前期編〕では、1979年(昭和54年)に元号法制定によって一世一元の詔は効力が消滅したとされているが、法務省大臣官房司法法制調査部編集『現行日本法規』では、1899年(明治32年)の旧皇室典範の制定により失効したとされている。
rdfs:label
  • 一世一元の詔
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of