Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨガイラ(Jogaila)、後のヴワディスワフ2世ヤギェウォ(Pl-Władysław Jagiełło.ogg Władysław II Jagiełło、1362年頃–1434年6月1日)はリトアニア大公(1377年–1434年)、ポーランドの王配(1386年–1399年)及び単独のポーランド国王(1399年–1434年)。1377年からリトアニアを統治し、最初は叔父のケーストゥティスと共同で統治した。1386年にクラクフでヴワディスワフの名で洗礼を受けて若き女王ヤドヴィガ・アンジューと結婚し、ポーランド国王ヴワディスワフ2世ヤギェウォとして戴冠した。1387年にはリトアニア全土をキリスト教に改宗させた。ヤドヴィガの死を受けて1399年からヴワディスワフ2世による単独の統治が始まり、それは35年以上にも続き、数世紀に及ぶポーランド・リトアニア合同の土台が築かれた。ヴワディスワフ2世は己の名前を帯びたヤギェウォ朝の創設者である一方、異教徒としてのヨガイラはリトアニア大公国を創設したゲディミナス朝の後継者であった。王朝は両国を1572年まで支配し、中世後期及び近世の中・東欧で最も影響力のある王朝の一つとなっている。その統治期間中、ポーランド=リトアニア合同はキリスト教世界で最大の国家であった。ヨガイラは中世リトアニア最後の異教の君主であった。クレヴォ合同の結果、ポーランド国王になった後に新たに形成されたポーランド・リトアニア合同はドイツ騎士団勢力の台頭に直面することとなった。1410年のタンネンベルクの戦いでの合同の勝利は、第一次トルンの和約により、ポーランドとリトアニアの国境線を確固たるするものとなり、ヨーロッパに重要な戦力としてのポーランド=リトアニア合同の出現を印象付けた。ヴワディスワフ2世ヤギェウォの統治はポーランドの国境を拡張させ、大概はポーランド黄金時代の幕開けと見做されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 170810 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36537 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59014487 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:colwidth
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ヴワディスワフ2世ヤギェウォ
prop-ja:全名
  • ヨガイラ
prop-ja:出生日
  • 1348 (xsd:integer)
prop-ja:君主号
  • リトアニア大公 / ポーランド王
prop-ja:在位
prop-ja:埋葬地
prop-ja:埋葬日
  •  
prop-ja:子女
prop-ja:戴冠日
  • --03-04
prop-ja:死亡日
  • --06-01
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • ゴルデク・ヤギェウォンスキ(ホロドク、ウクライナ)
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Jogaila .jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヨガイラ(Jogaila)、後のヴワディスワフ2世ヤギェウォ(Pl-Władysław Jagiełło.ogg Władysław II Jagiełło、1362年頃–1434年6月1日)はリトアニア大公(1377年–1434年)、ポーランドの王配(1386年–1399年)及び単独のポーランド国王(1399年–1434年)。1377年からリトアニアを統治し、最初は叔父のケーストゥティスと共同で統治した。1386年にクラクフでヴワディスワフの名で洗礼を受けて若き女王ヤドヴィガ・アンジューと結婚し、ポーランド国王ヴワディスワフ2世ヤギェウォとして戴冠した。1387年にはリトアニア全土をキリスト教に改宗させた。ヤドヴィガの死を受けて1399年からヴワディスワフ2世による単独の統治が始まり、それは35年以上にも続き、数世紀に及ぶポーランド・リトアニア合同の土台が築かれた。ヴワディスワフ2世は己の名前を帯びたヤギェウォ朝の創設者である一方、異教徒としてのヨガイラはリトアニア大公国を創設したゲディミナス朝の後継者であった。王朝は両国を1572年まで支配し、中世後期及び近世の中・東欧で最も影響力のある王朝の一つとなっている。その統治期間中、ポーランド=リトアニア合同はキリスト教世界で最大の国家であった。ヨガイラは中世リトアニア最後の異教の君主であった。クレヴォ合同の結果、ポーランド国王になった後に新たに形成されたポーランド・リトアニア合同はドイツ騎士団勢力の台頭に直面することとなった。1410年のタンネンベルクの戦いでの合同の勝利は、第一次トルンの和約により、ポーランドとリトアニアの国境線を確固たるするものとなり、ヨーロッパに重要な戦力としてのポーランド=リトアニア合同の出現を印象付けた。ヴワディスワフ2世ヤギェウォの統治はポーランドの国境を拡張させ、大概はポーランド黄金時代の幕開けと見做されている。
rdfs:label
  • ヴワディスワフ2世 (ポーランド王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:founder of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of