Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴラド2世またはヴラド竜公(ヴラド・ドラクル Vlad II Dracul, 1447年12月没)はワラキアのヴォイヴォダ(公爵)である。彼は1436年から1442年にかけて、また1443年から1447年にかけて統治を行った。彼はミルチャ2世、ヴラド4世(僧公)、ヴラド3世(ドラクリア、串刺し公)、ラドゥ3世(美男公)の父である。ヴラド2世はカトリック教会からの政治的な支持を獲得し、オスマン帝国からワラキアを防衛するための助力とするための計画と一部として、1408年にハンガリー王(後の神聖ローマ皇帝)ジギスムントによって1408年に設立されたドラゴン騎士団に加盟後の1431年に竜公(ドラクルDracul)の異名を受けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3253488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58945115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴラド2世またはヴラド竜公(ヴラド・ドラクル Vlad II Dracul, 1447年12月没)はワラキアのヴォイヴォダ(公爵)である。彼は1436年から1442年にかけて、また1443年から1447年にかけて統治を行った。彼はミルチャ2世、ヴラド4世(僧公)、ヴラド3世(ドラクリア、串刺し公)、ラドゥ3世(美男公)の父である。ヴラド2世はカトリック教会からの政治的な支持を獲得し、オスマン帝国からワラキアを防衛するための助力とするための計画と一部として、1408年にハンガリー王(後の神聖ローマ皇帝)ジギスムントによって1408年に設立されたドラゴン騎士団に加盟後の1431年に竜公(ドラクルDracul)の異名を受けた。
rdfs:label
  • ヴラド2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of