Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴェルフ家(ドイツ語: Haus Welf)は、中世の神聖ローマ帝国で皇帝位を争った有力なドイツの諸侯。ヴェルフェン家(Haus Welfen)とも呼ばれる。英語ではGuelphs(Black Guelphs=黒いゲルフ)という別名もある。出自はバイエルンの女衒(手配師)であると言われている。初期中世バイエルンに発し、その分家がユーラブルグントの王となった。さらに初期ヴェルフ家の断絶後、その跡を継いだヴェルフ=エステ家(ヴェルフェン=エステ家)が勢力を誇り、さらに分家であるブラウンシュヴァイク=リューネブルク家からイギリスのハノーヴァー王家が出ており、フェラーラとモデナのヴェルフ家が近代まで続いた。歴史に大きな足跡を残したのがヴェルフ=エステ家で、ザリエル朝、ホーエンシュタウフェン朝と帝位を争ったが、神聖ローマ皇帝となったのはオットー4世のみだった。叙任権闘争における教皇派(ゲルフ)とはこの家を指す。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 525179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18072 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58774693 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴェルフ家(ドイツ語: Haus Welf)は、中世の神聖ローマ帝国で皇帝位を争った有力なドイツの諸侯。ヴェルフェン家(Haus Welfen)とも呼ばれる。英語ではGuelphs(Black Guelphs=黒いゲルフ)という別名もある。出自はバイエルンの女衒(手配師)であると言われている。初期中世バイエルンに発し、その分家がユーラブルグントの王となった。さらに初期ヴェルフ家の断絶後、その跡を継いだヴェルフ=エステ家(ヴェルフェン=エステ家)が勢力を誇り、さらに分家であるブラウンシュヴァイク=リューネブルク家からイギリスのハノーヴァー王家が出ており、フェラーラとモデナのヴェルフ家が近代まで続いた。歴史に大きな足跡を残したのがヴェルフ=エステ家で、ザリエル朝、ホーエンシュタウフェン朝と帝位を争ったが、神聖ローマ皇帝となったのはオットー4世のみだった。叙任権闘争における教皇派(ゲルフ)とはこの家を指す。
rdfs:label
  • ヴェルフ家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:王家 of
is foaf:primaryTopic of