Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴェラー弦楽四重奏団(ヴェラーげんがくしじゅうそうだん、Weller Quartet)は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター・ワルター・ヴェラーが中心となり、同じくウィーン・フィルの楽員であるアルフレート・シュタール(ヴァイオリン)、ヘルムート・ヴァイス(ヴィオラ)、ロベルト・シャイヴァイン(チェロ)によって1959年に組織された弦楽四重奏団である。ウィーンの弦楽四重奏団らしく、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスにおいて、ウィーンの伝統を伝える、しなやかできめ細やかな、センスあふれる演奏を残している。活動期間は短く、1969年にヴェラーの指揮者転向により解散してしまったため、残された録音は少ないが、いまだにCDの再発売が繰り返されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 345449 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 43533283 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴェラー弦楽四重奏団(ヴェラーげんがくしじゅうそうだん、Weller Quartet)は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター・ワルター・ヴェラーが中心となり、同じくウィーン・フィルの楽員であるアルフレート・シュタール(ヴァイオリン)、ヘルムート・ヴァイス(ヴィオラ)、ロベルト・シャイヴァイン(チェロ)によって1959年に組織された弦楽四重奏団である。ウィーンの弦楽四重奏団らしく、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスにおいて、ウィーンの伝統を伝える、しなやかできめ細やかな、センスあふれる演奏を残している。活動期間は短く、1969年にヴェラーの指揮者転向により解散してしまったため、残された録音は少ないが、いまだにCDの再発売が繰り返されている。
rdfs:label
  • ヴェラー弦楽四重奏団
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of