Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィルヘルム(ギョーム)・ルネ・ドゥ・ロム・セニュール・ドゥ・クービエール(Guillaume René de l’Homme, Seigneur de Courbière、1733年2月25日、マーストリヒト-1811年7月23日、グラウデンツ、プロイセン王国)はプロイセン王国の元帥で、西プロイセンの総督を務めた。出身はフランスである。彼は1807年、グラウデンツの防衛およびその時の名言、"il existe encore un Roi de Graudenz(まだグラウデンツの王は居る!)"で名を馳せた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2590627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46936317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴィルヘルム(ギョーム)・ルネ・ドゥ・ロム・セニュール・ドゥ・クービエール(Guillaume René de l’Homme, Seigneur de Courbière、1733年2月25日、マーストリヒト-1811年7月23日、グラウデンツ、プロイセン王国)はプロイセン王国の元帥で、西プロイセンの総督を務めた。出身はフランスである。彼は1807年、グラウデンツの防衛およびその時の名言、"il existe encore un Roi de Graudenz(まだグラウデンツの王は居る!)"で名を馳せた。
rdfs:label
  • ヴィルヘルム・ルネ・ドゥ・ロム・ドゥ・クービエール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of