Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィルヘルム・ヘルマン(Wilhelm Herrmann, 1846年12月6日 - 1922年1月2日)は、ドイツの改革派の神学者である。マルコーに生まれた。ハレ大学で教育を受けた後に、マールブルク大学の教授になった。イマヌエル・カントやアルブレヒト・リッチュルに影響を受けて神学を形成した。また、フリードリヒ・シュライアマハーの影響も受け「体験」と「評価」の神学を受け継いでいた。マールブルクで教授をしていた時代の1908年に、後の新正統主義の創始者のカール・バルトが弟子になり、バルトに大きな影響を与えた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2641938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52539680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴィルヘルム・ヘルマン(Wilhelm Herrmann, 1846年12月6日 - 1922年1月2日)は、ドイツの改革派の神学者である。マルコーに生まれた。ハレ大学で教育を受けた後に、マールブルク大学の教授になった。イマヌエル・カントやアルブレヒト・リッチュルに影響を受けて神学を形成した。また、フリードリヒ・シュライアマハーの影響も受け「体験」と「評価」の神学を受け継いでいた。マールブルクで教授をしていた時代の1908年に、後の新正統主義の創始者のカール・バルトが弟子になり、バルトに大きな影響を与えた。
rdfs:label
  • ヴィルヘルム・ヘルマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of