Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィルヘルム・フリットナー(Wilhelm Flitner、1889年8月20日 - 1990年1月21日)は、ドイツの教育学者。1926年、キール大学の員外教授に就任し、学者としてのキャリアを開始した。1929年から1958年までハンブルク大学の正教授を勤め、教育学における精神科学的な方向(ドイツ特有の表現で、人文科学としての「教育学」の意味で、教員養成として現場で役立つ知識としての教育学とは一線を画す)の第一人者である。彼は、西ドイツ教育学部長会議の学校教育部門の座長として、生徒、学生自身が自ら学ぶチャンスと場を与えるという根本原則を守ろうとする教育改革の推進役の役割も果たした。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 274231 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58584900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴィルヘルム・フリットナー(Wilhelm Flitner、1889年8月20日 - 1990年1月21日)は、ドイツの教育学者。1926年、キール大学の員外教授に就任し、学者としてのキャリアを開始した。1929年から1958年までハンブルク大学の正教授を勤め、教育学における精神科学的な方向(ドイツ特有の表現で、人文科学としての「教育学」の意味で、教員養成として現場で役立つ知識としての教育学とは一線を画す)の第一人者である。彼は、西ドイツ教育学部長会議の学校教育部門の座長として、生徒、学生自身が自ら学ぶチャンスと場を与えるという根本原則を守ろうとする教育改革の推進役の役割も果たした。
rdfs:label
  • ヴィルヘルム・フリットナー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of