Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィラール・ド・オヌクール(Villard de Honnecourt(慣用。フランス語)。ulardus d' hunecort、Wilars dehonecortとも、生没年不詳)は13世紀のフランスの建築家、芸術家。建築関連分野の人物による、ゴシックを扱った中世最古の現存する文献、通称『画帖(アルバム、スケッチブック)』の作者としてその名が残っている。この『画帖』は美術、建築のみならず動植物や機械など、その採録図柄の広さからゴシックのエンサイクロペディアとも評される。ヴィラール自身は一次資料が『画帖』しか存在しないゆえに、その出自や職業は研究者たちの推測に拠ってなされているのみである。本項目では前半でヴィラール本人について、後半では『画帖』について解説する。なお、日本語ではヴィラール・ドヌクールと表記される場合もあるが、本項では以降ヴィラールのみの表記で統一する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3038139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56376768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴィラール・ド・オヌクール(Villard de Honnecourt(慣用。フランス語)。ulardus d' hunecort、Wilars dehonecortとも、生没年不詳)は13世紀のフランスの建築家、芸術家。建築関連分野の人物による、ゴシックを扱った中世最古の現存する文献、通称『画帖(アルバム、スケッチブック)』の作者としてその名が残っている。この『画帖』は美術、建築のみならず動植物や機械など、その採録図柄の広さからゴシックのエンサイクロペディアとも評される。ヴィラール自身は一次資料が『画帖』しか存在しないゆえに、その出自や職業は研究者たちの推測に拠ってなされているのみである。本項目では前半でヴィラール本人について、後半では『画帖』について解説する。なお、日本語ではヴィラール・ドヌクールと表記される場合もあるが、本項では以降ヴィラールのみの表記で統一する。
rdfs:label
  • ヴィラール・ド・オヌクール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of