Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィタクリドリンダ(Vitakridrinda)は白亜紀後期、現在のパキスタン西部、バローチスターン州に生息したアベリサウルス科の獣脚類恐竜の属である。"Vitakri" は化石の発見地にちなみ、"drinda" はウルドゥー語やサライキ語で『獣』を表す言葉に由来する。タイプ種はV. sulaimaniである。化石はパキスタン地質調査所の古生物学者チームによりヴィタリキ(Vitariki)近郊のパブ累層(en)ヴィタクリ部層(Vitakri Member)のマーヒトリヒト期の堆積岩から(他の恐竜のものとともに)発見された。2006年、M.S. Malkaniにより部分骨格に基づいて正式に記載された。この時点でのホロタイプ標本には2つの大腿骨、一つの脳函、1つの歯が含まれている。後にMalkaniによって発見された部分的な鼻骨もホロタイプに指定された他、追加で発見された椎骨もこの属のものとされている この属は報告の段階では "Vitaridrinda"と呼ばれていた。
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2871191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49604976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • (タイプ種)
  • *V. sulaimani
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目階級なし
  • † アベリサウルス類
prop-ja:亜目
  • 獣脚亜目
prop-ja:名称
  • ヴィタクリドリンダ
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • Vitakridrinda
prop-ja:
  • ヴィタクリドリンダ属
prop-ja:
  • 竜盤目
prop-ja:省略
  • 恐竜上目
prop-ja:
  • アベリサウルス科
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヴィタクリドリンダ(Vitakridrinda)は白亜紀後期、現在のパキスタン西部、バローチスターン州に生息したアベリサウルス科の獣脚類恐竜の属である。"Vitakri" は化石の発見地にちなみ、"drinda" はウルドゥー語やサライキ語で『獣』を表す言葉に由来する。タイプ種はV. sulaimaniである。化石はパキスタン地質調査所の古生物学者チームによりヴィタリキ(Vitariki)近郊のパブ累層(en)ヴィタクリ部層(Vitakri Member)のマーヒトリヒト期の堆積岩から(他の恐竜のものとともに)発見された。2006年、M.S. Malkaniにより部分骨格に基づいて正式に記載された。この時点でのホロタイプ標本には2つの大腿骨、一つの脳函、1つの歯が含まれている。後にMalkaniによって発見された部分的な鼻骨もホロタイプに指定された他、追加で発見された椎骨もこの属のものとされている この属は報告の段階では "Vitaridrinda"と呼ばれていた。
rdfs:label
  • ヴィタクリドリンダ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 恐竜上目
  • ヴィタクリドリンダ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of