Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:Stream/discharge
  • 1054.0
dbpedia-owl:Stream/watershed
  • 194424.0
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィスワ川(Wisła)は、ポーランドで最長の川である。全長は1,047km、流域面積はポーランド国土の60%以上におよぶ。ポーランド南部のベスキディ山脈(en:Silesian Beskids、en:Barania Góra)の標高1,106m地点に源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注ぐ。ヴィスワの名前は、紀元前77年に記された大プリニウスの「博物誌」にも登場する。古くはラテン語で「ウィストゥラ川 」など、ポーランド語で「ヴァンダルス川」などと呼ばれていた。これらの語は非常に古いもので、スラヴ語やゲルマン語などが成立する前にそれらのヨーロッパ言語の共通祖語として存在した後期インド・ヨーロッパ祖語(球状アンフォラ文化の時代)を起源とし、語幹は「水」を意味する(例:スラヴ語派のポーランド語でヴォダ、バルト語派のリトアニア語でヴォダ)。ローマ時代に一大勢力としてこの一帯に住んでいた古代部族「ヴァンダル族」(別名「ルーク族」)の名称はここから来たと推測される。おそらく「ヴァンダル」はラテン語での他称で、「ルーク」が現地語での自称に由来していたと思われる。ポーランドでは15世紀ごろまで「Alba aqua」という、ラテン語での別称ないし愛称も定着していた。ドイツ語では「ヴァイクセル川」。ヴィスワ川は、大きく3つの区間に分けることができる。下流:バルト海 ~ ナレフ川とブク川の合流地点中流:ナレフ川とブク川との合流地点(ワルシャワの北)~ サンドミェシュ(サン川との合流地点)上流:サンドミェシュ ~ 源泉↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
dbpedia-owl:discharge
  • 1054.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:elevation
  • 1106.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:watershed
  • 194424000000.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 198227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54555744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ヴィスワ川
prop-ja:延長
  • 1047 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 1106 (xsd:integer)
prop-ja:水源
  • ()
prop-ja:河口
  • (バルト海、:en:Gdańsk Bay)
prop-ja:流域
prop-ja:流域面積
  • 194424 (xsd:integer)
prop-ja:流量
  • 1054 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • --08-15
prop-ja:画像説明
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヴィスワ川(Wisła)は、ポーランドで最長の川である。全長は1,047km、流域面積はポーランド国土の60%以上におよぶ。ポーランド南部のベスキディ山脈(en:Silesian Beskids、en:Barania Góra)の標高1,106m地点に源を発し、ポーランド国内を大きく蛇行しながら北へ流れ、バルト海へと注ぐ。ヴィスワの名前は、紀元前77年に記された大プリニウスの「博物誌」にも登場する。古くはラテン語で「ウィストゥラ川 」など、ポーランド語で「ヴァンダルス川」などと呼ばれていた。これらの語は非常に古いもので、スラヴ語やゲルマン語などが成立する前にそれらのヨーロッパ言語の共通祖語として存在した後期インド・ヨーロッパ祖語(球状アンフォラ文化の時代)を起源とし、語幹は「水」を意味する(例:スラヴ語派のポーランド語でヴォダ、バルト語派のリトアニア語でヴォダ)。ローマ時代に一大勢力としてこの一帯に住んでいた古代部族「ヴァンダル族」(別名「ルーク族」)の名称はここから来たと推測される。おそらく「ヴァンダル」はラテン語での他称で、「ルーク」が現地語での自称に由来していたと思われる。ポーランドでは15世紀ごろまで「Alba aqua」という、ラテン語での別称ないし愛称も定着していた。ドイツ語では「ヴァイクセル川」。ヴィスワ川は、大きく3つの区間に分けることができる。下流:バルト海 ~ ナレフ川とブク川の合流地点中流:ナレフ川とブク川との合流地点(ワルシャワの北)~ サンドミェシュ(サン川との合流地点)上流:サンドミェシュ ~ 源泉↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
rdfs:label
  • ヴィスワ川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヴィスワ川
is dbpedia-owl:riverMouth of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:水系 of
is prop-ja:河口 of
is foaf:primaryTopic of