Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ヴィオレッタ』(原題:My Little Princess)は、2011年公開のフランスの映画。母である写真家イリナ・イオネスコの被写体として幼い頃からヌードを含むモデルとなっていた女優・エヴァ・イオネスコが、その経験を基にした母親と娘の葛藤のストーリーを自ら監督し映画化した作品で、初の長編劇映画監督作品となった。第64回カンヌ国際映画祭に出品された際には、本作が児童ポルノにあたるかどうかが議論され、その後の各国での公開に際してもレイティングに関する議論を巻き起こした。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2987083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56676908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 106 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • ヴィオレッタ
prop-ja:公開
  • 2011 (xsd:integer)
  • --05-10
prop-ja:出演者
prop-ja:原題
  • My Little Princess
prop-ja:撮影
  • ジャンヌ・ラポワリー
prop-ja:監督
prop-ja:編集
  • ロランス・ブリオー
prop-ja:脚本
  • エヴァ・イオネスコ
  • フィリップ・ル・ゲ
  • マルク・ショロデンコ
prop-ja:製作
  • フランツ・クサヴァー・フランツ
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • アンプラグド
prop-ja:音楽
  • ベルトラン・ブルガラ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『ヴィオレッタ』(原題:My Little Princess)は、2011年公開のフランスの映画。母である写真家イリナ・イオネスコの被写体として幼い頃からヌードを含むモデルとなっていた女優・エヴァ・イオネスコが、その経験を基にした母親と娘の葛藤のストーリーを自ら監督し映画化した作品で、初の長編劇映画監督作品となった。第64回カンヌ国際映画祭に出品された際には、本作が児童ポルノにあたるかどうかが議論され、その後の各国での公開に際してもレイティングに関する議論を巻き起こした。
rdfs:label
  • ヴィオレッタ (映画)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヴィオレッタ
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of