Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴィエンチャン都(ラーオ語: ນະຄອນຫຼວງວຽງຈັນ)はラオスの首都である。ヴィエンチャン首都、ヴィエンチャン特別市などとされることもある。他の県とは区別される。なお、ヴィエンチャン市(ラーオ語: ເທດສະບານ)という行政区分は現存していない。メコン川の河口から上流の1584kmの左岸に位置し、タイとの国境をなすメコン川にのぞむ。ヴィエンチャンとは白檀(ラーオ語: ໄມ້ຈັນ)の都や月(ラーオ語: ຈັນ)の都とする説がある。古くからラーオ族の中心地の一つで、14世紀半ば以降ラーンサーン王国の版図に入り、1563年ルアンパバンから遷都された。1707年にラーンサーン王国がルアンパバン王国とヴィエンチャン王国に分裂した後にヴィエンチャン王国の首都として繁栄した。その後、1827-28年にタイに占領され破壊されたが1899年にラオスがフランス領インドシナに編入されると行政府が置かれた。1953年のフランス=ラオス条約によりラオス王国の独立が認められた後には、ルアンパバンの王都とともに、ヴィエンチャンは行政首都となり再興された。その後、1975年の王政の廃止後、ヴィエンチャンはラオス人民民主共和国の首都となった。市内には仏教寺院が多く、文化や教育の中心地でもある。都の北東部にはプーカオクワイ保護林、北西部はプーパナング保護林があり野鳥や蝶類、蘭の宝庫となっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 91171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56844997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:areaTotalKm
  • 3920 (xsd:integer)
prop-ja:coordinatesDisplay
  • title
prop-ja:coordinatesFormat
  • dms
prop-ja:coordinatesType
  • type:adm1st_region:LA
prop-ja:establishedDate
  • 1989 (xsd:integer)
prop-ja:establishedTitle
  • Established
prop-ja:imageMap
  • Map of Vientiane Prefecture, Laos.jpg
  • Vientiane Prefecture-Laos.svg
prop-ja:imageSkyline
  • Montage of Vientiane Prefecture, Laos.jpg
prop-ja:isoCode
  • LA-VT
prop-ja:latd
  • 18.140000 (xsd:double)
prop-ja:leaderName
  • Dr.アヌパープ・トゥナーロム
  • Dr.シンラヴォン・クッパイトゥン
  • ケオピラワン・アパイヤラート
  • ソムヴァンディー・ナタヴォング
prop-ja:leaderParty
  • ラオス人民革命党
prop-ja:leaderTitle
  • 都副知事
  • 都知事
prop-ja:longd
  • 102.510000 (xsd:double)
prop-ja:mapAlt
  • ヴィエンチャン都の位置
  • ヴィエンチャン都の地図
prop-ja:mapCaption
  • ヴィエンチャン都の位置
  • ヴィエンチャン都の地図
prop-ja:name
  • ヴィエンチャン
prop-ja:nativeNameLang
  • lo
prop-ja:populationAsOf
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:populationDensityKm
  • auto
prop-ja:populationTotal
  • 810846 (xsd:integer)
prop-ja:seat
prop-ja:seatType
  • 首都
prop-ja:settlementType
prop-ja:subdivisionType
prop-ja:timezone
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴィエンチャン都(ラーオ語: ນະຄອນຫຼວງວຽງຈັນ)はラオスの首都である。ヴィエンチャン首都、ヴィエンチャン特別市などとされることもある。他の県とは区別される。なお、ヴィエンチャン市(ラーオ語: ເທດສະບານ)という行政区分は現存していない。メコン川の河口から上流の1584kmの左岸に位置し、タイとの国境をなすメコン川にのぞむ。ヴィエンチャンとは白檀(ラーオ語: ໄມ້ຈັນ)の都や月(ラーオ語: ຈັນ)の都とする説がある。古くからラーオ族の中心地の一つで、14世紀半ば以降ラーンサーン王国の版図に入り、1563年ルアンパバンから遷都された。1707年にラーンサーン王国がルアンパバン王国とヴィエンチャン王国に分裂した後にヴィエンチャン王国の首都として繁栄した。その後、1827-28年にタイに占領され破壊されたが1899年にラオスがフランス領インドシナに編入されると行政府が置かれた。1953年のフランス=ラオス条約によりラオス王国の独立が認められた後には、ルアンパバンの王都とともに、ヴィエンチャンは行政首都となり再興された。その後、1975年の王政の廃止後、ヴィエンチャンはラオス人民民主共和国の首都となった。市内には仏教寺院が多く、文化や教育の中心地でもある。都の北東部にはプーカオクワイ保護林、北西部はプーパナング保護林があり野鳥や蝶類、蘭の宝庫となっている。
rdfs:label
  • ヴィエンチャン都
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:stadium of
is prop-ja:下位区分名 of
is foaf:primaryTopic of