Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァーハナ(サンスクリット:वाहन、運ぶもの、引くもの)は主にヒンドゥー教の神々(デーヴァ)の乗り物として描写される動物、あるいは架空の生き物である。このことからヴァーハナはしばしば神の乗り物と表現される。神とそのヴァーハナとの関係は宗教美術や神話の中に織り込まれ、しばしば神がヴァーハナに跨った、あるいは単純に上に乗った状態で描写される。または鞍やハウダ(howdah)と呼ばれる輿のようなものを載せている状態や、神の横に象徴的な方法において描写されることもある。神を見る場合のある種の装身具ともとれるが、ヴァーハナは独立した存在として振舞い、主たる神を象徴するもの、神の性質の一部をなすものとして機能している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3113689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58135643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴァーハナ(サンスクリット:वाहन、運ぶもの、引くもの)は主にヒンドゥー教の神々(デーヴァ)の乗り物として描写される動物、あるいは架空の生き物である。このことからヴァーハナはしばしば神の乗り物と表現される。神とそのヴァーハナとの関係は宗教美術や神話の中に織り込まれ、しばしば神がヴァーハナに跨った、あるいは単純に上に乗った状態で描写される。または鞍やハウダ(howdah)と呼ばれる輿のようなものを載せている状態や、神の横に象徴的な方法において描写されることもある。神を見る場合のある種の装身具ともとれるが、ヴァーハナは独立した存在として振舞い、主たる神を象徴するもの、神の性質の一部をなすものとして機能している。
rdfs:label
  • ヴァーハナ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of