Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァレンティン・ポエナル(Valentin Poénaru、1932年 - )はルーマニアに誕生し、フランスに亡命した数学者。専門分野は低次元位相幾何学(low-dimensional topology)。ルーマニアの首都ブカレストに生まれ、ブカレスト大学の学部生となる。1962年にスウェーデンのストックホルムで開催された国際数学者会議に参加した後、ルーマニアには帰国せず渡仏。翌1963年にパリで博士号を取得した。その後4年間はアメリカ合衆国のハーバード大学やプリンストン大学、プリンストン高等研究所などで活動し、1967年にフランスに帰還。2001年までパリ第11大学(パリ大学オルセー校)の教授を務める。プリンストン時代に出会ったクリストス・パパキリアコプロスの影響でポアンカレ予想の研究に着手し、以降半世紀近くに渡りその研究を続けている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1800472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1149 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58315837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴァレンティン・ポエナル(Valentin Poénaru、1932年 - )はルーマニアに誕生し、フランスに亡命した数学者。専門分野は低次元位相幾何学(low-dimensional topology)。ルーマニアの首都ブカレストに生まれ、ブカレスト大学の学部生となる。1962年にスウェーデンのストックホルムで開催された国際数学者会議に参加した後、ルーマニアには帰国せず渡仏。翌1963年にパリで博士号を取得した。その後4年間はアメリカ合衆国のハーバード大学やプリンストン大学、プリンストン高等研究所などで活動し、1967年にフランスに帰還。2001年までパリ第11大学(パリ大学オルセー校)の教授を務める。プリンストン時代に出会ったクリストス・パパキリアコプロスの影響でポアンカレ予想の研究に着手し、以降半世紀近くに渡りその研究を続けている。
rdfs:label
  • ヴァレンティン・ポエナル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of