Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァルター・レーテル(Walter Rethel 、1892年 - 1977年)はドイツの航空機設計者である。アラドや、メッサーシュミットの主任設計者を務めた。 オートバイメーカーのCondorsで働いた後、オランダの航空機メーカーのフォッカーで働き、水上機のFokker B.Iや旅客機の Fokker F.VIIを設計した。ハインリッヒ・リュッベ(Heinrich Lübbe)が1921年に後にアラドになる会社を設立すると、主任設計者に迎えられた。ドイツで軍用機の製造ができるようになると、アラドはAr 65を開発した。これは新生ドイツ空軍の最初の戦闘機となった。さらに、10,000機以上も生産された練習機、Ar 66を1932年に初飛行させた。その後は、1934年にメッサーシュミットの主任設計者となり、Me109の設計に携わった。息子のアルフレート・レーテル(Alfred Rethel)は有名な画家である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1745403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47037919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴァルター・レーテル(Walter Rethel 、1892年 - 1977年)はドイツの航空機設計者である。アラドや、メッサーシュミットの主任設計者を務めた。 オートバイメーカーのCondorsで働いた後、オランダの航空機メーカーのフォッカーで働き、水上機のFokker B.Iや旅客機の Fokker F.VIIを設計した。ハインリッヒ・リュッベ(Heinrich Lübbe)が1921年に後にアラドになる会社を設立すると、主任設計者に迎えられた。ドイツで軍用機の製造ができるようになると、アラドはAr 65を開発した。これは新生ドイツ空軍の最初の戦闘機となった。さらに、10,000機以上も生産された練習機、Ar 66を1932年に初飛行させた。その後は、1934年にメッサーシュミットの主任設計者となり、Me109の設計に携わった。息子のアルフレート・レーテル(Alfred Rethel)は有名な画家である。
rdfs:label
  • ヴァルター・レーテル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:設計者 of
is foaf:primaryTopic of