Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァッサークッペ( Wasserkuppe、"water peak"の意味)はドイツのヘッセン州のレーン山地の中の海抜950mの丘である。1920年代から1930年代の航空の黄金時代にグライダーの飛行する場所となり、グライダーの歴史にとって重要な場所となった。フルダのゲルスフェルトから5.3km離れたところにあり、生物保護地区となっている。フルダ川とリュッター川の水源で、2つの川は50km先で合流する。Abtsrodaer Kuppe(905m)Schafstein (831.8 m)Pferdskopf (874.9 m)が連なっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2269842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51356164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヴァッサークッペ( Wasserkuppe、"water peak"の意味)はドイツのヘッセン州のレーン山地の中の海抜950mの丘である。1920年代から1930年代の航空の黄金時代にグライダーの飛行する場所となり、グライダーの歴史にとって重要な場所となった。フルダのゲルスフェルトから5.3km離れたところにあり、生物保護地区となっている。フルダ川とリュッター川の水源で、2つの川は50km先で合流する。Abtsrodaer Kuppe(905m)Schafstein (831.8 m)Pferdskopf (874.9 m)が連なっている。
rdfs:label
  • ヴァッサークッペ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of