Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ(Василий Александрович, 1907年7月7日 - 1989年6月23日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の曾孫、アレクサンドル3世の外孫。ヴァシーリーはアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公とその妻クセニヤ・アレクサンドロヴナ大公女の間の第7子、六男(末子)としてガッチナ宮殿で生まれた。皇帝アレクサンドル3世の外孫であったが、男系血統ではニコライ1世の曾孫でしかないため、兄たちと同様にロシア大公の称号を許されなかった。ロシア革命後、ヴァシーリーは両親や兄姉、祖母マリヤ・フョードロヴナ皇太后らの皇族とともにクリミアに監禁された。クリミアに集められた皇族たちは、皇帝一家と同様に処刑される予定だったが、1918年にドイツ軍によって解放された。ヴァシーリーは翌1919年、一族とともにイギリス政府の差し向けた戦艦「マールバラ」に乗ってイギリスに亡命した。ヴァシーリーは母とともにイギリスで暮らしたが、1920年代には単身でアメリカ合衆国に移住した。ヴァシーリー公はキャビン・ボーイ、造船工、株のブローカー、ワイン造醸業者、養鶏業者など職を転々とした。1980年、ヴァシーリーは兄ドミトリー・アレクサンドロヴィチ公からロマノフ家協会の総裁職を引き継ぎ、終身でその任にあった。ヴァシーリー公は1989年、カリフォルニア州ウッドサイドで亡くなった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1907-07-07 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1989-06-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2007593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57039433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ
prop-ja:出生日
  • 1907-07-07 (xsd:date)
prop-ja:埋葬地
  • 、カリフォルニア州サンマテオ郡コルマ、セルビア人墓地
prop-ja:埋葬日
  • --07-07
prop-ja:子女
  • マリヤ
prop-ja:宗教
  • キリスト教正教会
prop-ja:家名・爵位
prop-ja:死亡日
  • 1989-06-23 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、カリフォルニア州ウッドサイド
prop-ja:父親
prop-ja:生地
  • 、ガッチナ、ガッチナ宮殿
prop-ja:画像
  • Prince Vasily of Russia.JPG
prop-ja:画像説明
  • ヴァシーリー公(1923年)
prop-ja:称号
  • ロシア公
prop-ja:配偶者
  • ナタリヤ・ゴリツィン
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ(Василий Александрович, 1907年7月7日 - 1989年6月23日)は、ロシアの皇族。ニコライ1世の曾孫、アレクサンドル3世の外孫。ヴァシーリーはアレクサンドル・ミハイロヴィチ大公とその妻クセニヤ・アレクサンドロヴナ大公女の間の第7子、六男(末子)としてガッチナ宮殿で生まれた。皇帝アレクサンドル3世の外孫であったが、男系血統ではニコライ1世の曾孫でしかないため、兄たちと同様にロシア大公の称号を許されなかった。ロシア革命後、ヴァシーリーは両親や兄姉、祖母マリヤ・フョードロヴナ皇太后らの皇族とともにクリミアに監禁された。クリミアに集められた皇族たちは、皇帝一家と同様に処刑される予定だったが、1918年にドイツ軍によって解放された。ヴァシーリーは翌1919年、一族とともにイギリス政府の差し向けた戦艦「マールバラ」に乗ってイギリスに亡命した。ヴァシーリーは母とともにイギリスで暮らしたが、1920年代には単身でアメリカ合衆国に移住した。ヴァシーリー公はキャビン・ボーイ、造船工、株のブローカー、ワイン造醸業者、養鶏業者など職を転々とした。1980年、ヴァシーリーは兄ドミトリー・アレクサンドロヴィチ公からロマノフ家協会の総裁職を引き継ぎ、終身でその任にあった。ヴァシーリー公は1989年、カリフォルニア州ウッドサイドで亡くなった。
rdfs:label
  • ヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of