Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • イギリスの作曲家ウィリアム・ウォルトンによる《ヴァイオリン協奏曲》は、1938年から1939年に作曲された。1921年から1922年に作曲された《ファサード》や、1929年の《ヴィオラ協奏曲》とともに、作曲者に名声をもたらした作品である。1936年にヤッシャ・ハイフェッツに委嘱され、1939年12月7日に、ハイフェッツの独奏とアルトゥール・ロジンスキ指揮クリーヴランド管弦楽団により初演された。ハイフェッツはその後1942年に、ユージン・グーセンス指揮シンシナティ交響楽団と共演して、本作の最初の録音を行なった。ウォルトンは1943年にオーケストレーションに手を入れた改訂版を作成し、この版の初演は1944年1月17日に、ヘンリー・ホルストの独奏と、マルコム・サージェント指揮リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団によって行われた。通常こんにち上演されるのは改訂稿である。改訂稿による録音は、ユーディ・メニューインやナイジェル・ケネディ、ジョシュア・ベル、イダ・ヘンデルの独奏と、パーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団などがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 440792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47519485 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • イギリスの作曲家ウィリアム・ウォルトンによる《ヴァイオリン協奏曲》は、1938年から1939年に作曲された。1921年から1922年に作曲された《ファサード》や、1929年の《ヴィオラ協奏曲》とともに、作曲者に名声をもたらした作品である。1936年にヤッシャ・ハイフェッツに委嘱され、1939年12月7日に、ハイフェッツの独奏とアルトゥール・ロジンスキ指揮クリーヴランド管弦楽団により初演された。ハイフェッツはその後1942年に、ユージン・グーセンス指揮シンシナティ交響楽団と共演して、本作の最初の録音を行なった。ウォルトンは1943年にオーケストレーションに手を入れた改訂版を作成し、この版の初演は1944年1月17日に、ヘンリー・ホルストの独奏と、マルコム・サージェント指揮リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団によって行われた。通常こんにち上演されるのは改訂稿である。改訂稿による録音は、ユーディ・メニューインやナイジェル・ケネディ、ジョシュア・ベル、イダ・ヘンデルの独奏と、パーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団などがある。
rdfs:label
  • ヴァイオリン協奏曲 (ウォルトン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of