Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワールド・ソーラー・チャレンジ(英語: World Solar Challenge)とはソーラーカーのレースであり、総延長3021 kmのオーストラリアの砂漠地帯を北のダーウィンからアデレードまで走破するものである。レースの参加者は世界中から集う。最も多いのは大学と企業で高校の参加もある。1987年に開催されて以来26年の歴史がある。以前は企業のワークスチームが優勝していた時期もあるが、近年は企業の支援を受けた大学のチームが優勝する例が多い。2009年は、電気自動車や燃料電池車などの環境車を含めたグローバル・グリーン・チャレンジ(Global Green Challenge)のソーラーカー部門として開催されることとなった。しかし、その次の2011年大会以降は元のワールド・ソーラー・チャレンジの名称に戻された。2011年の大会では東海大学チャレンジセンターのTokai Challengerが優勝し、2連覇を達成した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1389224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57389981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワールド・ソーラー・チャレンジ(英語: World Solar Challenge)とはソーラーカーのレースであり、総延長3021 kmのオーストラリアの砂漠地帯を北のダーウィンからアデレードまで走破するものである。レースの参加者は世界中から集う。最も多いのは大学と企業で高校の参加もある。1987年に開催されて以来26年の歴史がある。以前は企業のワークスチームが優勝していた時期もあるが、近年は企業の支援を受けた大学のチームが優勝する例が多い。2009年は、電気自動車や燃料電池車などの環境車を含めたグローバル・グリーン・チャレンジ(Global Green Challenge)のソーラーカー部門として開催されることとなった。しかし、その次の2011年大会以降は元のワールド・ソーラー・チャレンジの名称に戻された。2011年の大会では東海大学チャレンジセンターのTokai Challengerが優勝し、2連覇を達成した。
rdfs:label
  • ワールド・ソーラー・チャレンジ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of