Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、仏: Bataille de Waterloo、英: Battle of Waterloo、蘭: Slag bij Waterloo、独: Schlacht bei Waterloo/Schlacht bei Belle-Alliance)は、1815年6月18日に、イギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破った戦いである。ナポレオン最後の戦いとして知られる。1815年にエルバ島から帰還し皇帝の座に返り咲いたナポレオンは、第七次対仏大同盟の態勢が整う前にこれを撃破することを企図。フランス国境北東部付近に位置していた初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー麾下の英蘭連合軍とゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル元帥のプロイセン軍を打倒すべく、自ら12万の兵力を率いて出陣した。両勢力は1815年6月16日から3日間に渡り交戦し、ナポレオンは前哨戦となるリニーの戦いでブリュッヘルのプロイセン軍に勝利したものの、6月18日の戦いで大敗し潰走を余儀なくされる。連合軍はこれを追撃してフランスに侵攻し、ルイ18世を復位させた。退位したナポレオンはイギリスに降伏してセントヘレナ島に流され、1821年にこの地で死去した(百日天下)。ナポレオンの敗因は、一軍を委ねたエマニュエル・ド・グルーシー元帥との連携に失敗したうえ、天候の都合で攻撃開始を遅らせたことが裏目に出て敵勢力の結集を許してしまったことが挙げられる。なお、実際に主戦場となったのは現在のベルギー国内のラ・ベル・アリアンスで、ブリュッセルからおよそ13km 南東にあり、ワーテルローの町からは1.6kmほど離れている。この古戦場には「ライオンの丘」と呼ばれる巨大な記念碑がそびえ立っている。
dbpedia-owl:casualties
  • 7000 (xsd:integer)
  • 27000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • '''
  • *
  • * '''
  • ----
  • ナッサウ
  • ハノーファー
  • ブラウンシュヴァイク
dbpedia-owl:description
  • 「ワーテルローの戦い」(画)
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • *
  • * ナポレオンの
  • の終結
  • セントヘレナ島
  • 放流
  • 百日天下
  • 英蘭連合軍・プロイセン軍の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 50,000
  • 68,000
  • 72,000
  • フランス軍
  • プロイセン軍
  • 英蘭連合軍
  • ([[#フランス軍]]も参照)
  • ([[#プロイセン軍]]も参照)
  • ([[#英蘭連合軍]]も参照)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 98053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59061053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • /
  • ワーテルローの戦い
prop-ja:caption
  • dbpedia-ja:古参近衛隊
  • ワーテルローの戦勝報を読む(退役軍人用の病院)の入居者たち。
  • フランス軍の6ポンド野砲。1813年にメスで鋳造。ワーテルローの戦いでウェリントン公に鹵獲された。ロンドン塔蔵。
  • Ernest Crofts画、19世紀から20世紀初頭。
  • John Heaviside Clark画、1816年。
  • William M. Sloane画、1895年。
  • Wolfgang Sauber画。
  • 『戦いから一夜明けたワーテルロー』
  • 戦闘の最終局面でフランス兵を攻撃するイギリス軍第10軽騎兵連隊。
  • 「ワーテルローの戦い」(画)
  • 画、1882年。
  • ワーテルローの戦場を進むフランス軍歩兵。
prop-ja:casualties
  • プロイセン軍 7,000
  • 死傷者・捕虜計 約40,000
  • 死傷者・行方不明計
  • 英蘭軍 27,000
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
  • ナポレオン戦争、1815年フランス戦役
prop-ja:date
  • --06-18
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • French 6 pounder field gun cast 1813 in Metz captured at Waterloo by the Duke of Wellington.jpg
  • Crofts Ernest The Battle Of Ligny.jpg
  • Morgen nach der Schlacht967b.jpg
  • Plas Newydd - Waterloo 1.jpg
  • Wilkie chelseapensioners.jpg
  • Crofts-Napoleon's last grand attack at Waterloo.jpg
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:strength
  • 50000 (xsd:integer)
  • 68000 (xsd:integer)
  • 72000 (xsd:integer)
  • フランス軍
  • プロイセン軍
  • 英蘭連合軍
  • ([[#フランス軍]]も参照)
  • ([[#プロイセン軍]]も参照)
  • ([[#英蘭連合軍]]も参照)
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、仏: Bataille de Waterloo、英: Battle of Waterloo、蘭: Slag bij Waterloo、独: Schlacht bei Waterloo/Schlacht bei Belle-Alliance)は、1815年6月18日に、イギリス・オランダ連合軍およびプロイセン軍が、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス軍を破った戦いである。ナポレオン最後の戦いとして知られる。1815年にエルバ島から帰還し皇帝の座に返り咲いたナポレオンは、第七次対仏大同盟の態勢が整う前にこれを撃破することを企図。フランス国境北東部付近に位置していた初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー麾下の英蘭連合軍とゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル元帥のプロイセン軍を打倒すべく、自ら12万の兵力を率いて出陣した。両勢力は1815年6月16日から3日間に渡り交戦し、ナポレオンは前哨戦となるリニーの戦いでブリュッヘルのプロイセン軍に勝利したものの、6月18日の戦いで大敗し潰走を余儀なくされる。連合軍はこれを追撃してフランスに侵攻し、ルイ18世を復位させた。退位したナポレオンはイギリスに降伏してセントヘレナ島に流され、1821年にこの地で死去した(百日天下)。ナポレオンの敗因は、一軍を委ねたエマニュエル・ド・グルーシー元帥との連携に失敗したうえ、天候の都合で攻撃開始を遅らせたことが裏目に出て敵勢力の結集を許してしまったことが挙げられる。なお、実際に主戦場となったのは現在のベルギー国内のラ・ベル・アリアンスで、ブリュッセルからおよそ13km 南東にあり、ワーテルローの町からは1.6kmほど離れている。この古戦場には「ライオンの丘」と呼ばれる巨大な記念碑がそびえ立っている。
rdfs:label
  • ワーテルローの戦い
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • /
  • ワーテルローの戦い
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:event of
is foaf:primaryTopic of