Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワング・ラボラトリーズ(英: Wang Laboratories)は、アン・ワング(王安)と G. Y. Chu が1951年に創立したコンピュータ企業。1980年代には、3万人の従業員を抱え、年間30億ドルの売り上げを達成していた。アン・ワングは、事業戦略と製品戦略を常に1人で指揮していた。アン・ワングは、同社が株式公開されるにあたって、ワング(王)一族が実権を握り続けられるような仕組みを採用した。株式をクラスBとクラスCの2種類にわけ、議決権がクラスCの10分の1であるクラスBの比率を大きくした。市場で売買されたのは主にクラスBで、ワング一族はクラスCの株式を保有し続けた。ワング・ラボラトリーズの株式はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されたが、このようなやり方はNYSEの規定では許されず、同社の株式はNYSEからは撤退し、アメリカン証券取引所に移管された。アン・ワングの指揮の下で、同社は次々と異なる市場の製品を発売していった。
dbpedia-owl:commonName
  • ワング・ラボラトリーズ
dbpedia-owl:foundingYear
  • 1951-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:keyPerson
dbpedia-owl:locationCity
dbpedia-owl:purpose
  • ワードプロセッサ、オフィスコンピュータ、パーソナルコンピュータ製造販売
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1259092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10512 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47442821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事業内容
prop-ja:代表者
prop-ja:本社所在地
  • マサチューセッツ州ローウェル(1976年 - 1997年)
  • マサチューセッツ州テュークスベリー(1963年 - 1976年)
prop-ja:業種
  • 電気機器
prop-ja:社名
  • ワング・ラボラトリーズ
prop-ja:英文社名
  • Wang Laboratories
prop-ja:設立
  • 1951 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ワング・ラボラトリーズ(英: Wang Laboratories)は、アン・ワング(王安)と G. Y. Chu が1951年に創立したコンピュータ企業。1980年代には、3万人の従業員を抱え、年間30億ドルの売り上げを達成していた。アン・ワングは、事業戦略と製品戦略を常に1人で指揮していた。アン・ワングは、同社が株式公開されるにあたって、ワング(王)一族が実権を握り続けられるような仕組みを採用した。株式をクラスBとクラスCの2種類にわけ、議決権がクラスCの10分の1であるクラスBの比率を大きくした。市場で売買されたのは主にクラスBで、ワング一族はクラスCの株式を保有し続けた。ワング・ラボラトリーズの株式はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されたが、このようなやり方はNYSEの規定では許されず、同社の株式はNYSEからは撤退し、アメリカン証券取引所に移管された。アン・ワングの指揮の下で、同社は次々と異なる市場の製品を発売していった。
rdfs:label
  • ワング・ラボラトリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Wang Laboratories
  • ワング・ラボラトリーズ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of