Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワロップス飛行施設はヴァージニア州東部海岸に位置する施設。ワロップス島とその周辺にまたがって存在する。NASAのゴダード宇宙飛行センターに運用されており、主にNASAやその他のアメリカ政府組織によって科学と実験のミッションを支える射場として利用されている。ワロップス飛行施設には多種多様な観測ロケット、小型の使いきり型弾道・軌道ロケット、科学機材を積んだ高高度気球などの運用を支えるために広い計測射場を持ち、無人航空機を含む研究用航空機の研究空港としても使われる。1945年の設立以来これまでに16,000機以上がワロップスで打ち上げられている。WFFの射場はアメリカ海洋大気庁(NOAA)の科学ミッションに使われ、外国政府やその他の事業者等も利用する。また、チェサピーク湾近郊のヴァージニア岬の区域でのアメリカ合衆国海軍の航空機や艦載電子装置、艦載兵器体系の開発試験や演習を支えている。固定位置の器具類に加えて、WFF射場は展開可能なモバイルレーダー、テレメーター受信器、コマンド送信装置などで打ち上げをサポートしている。これらは世界中に配置可能で、他に計器のない場所での一時的に射場と同じような管制区域の設置に利用され、安全確保、遠隔地からの弾道ロケット支援・操作のためのデータ収集などに利用される。モバイル射場は両極地域、南アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、海などからのロケット打ち上げの支援にも使われている。ワロップスでは1000人のNASA職員と請け負い業者、30人の海軍兵員、100人のNOAA職員などが働いている
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2489758 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 62 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58931318 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:abbreviation
  • WFF
prop-ja:agencyName
  • ワロップス飛行施設
  • Wallops Flight Facility
prop-ja:chief1Name
  • William Wrobel
prop-ja:chief1Position
  • director
prop-ja:employees
  • 1400 (xsd:integer)
prop-ja:formed
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:headquarters
  • ヴァージニア州、ワロップス島
prop-ja:logo
  • Nasa_Wallops_Flight_Facility_Insignia.svg
prop-ja:logoCaption
  • ワロップス飛行施設の記章
prop-ja:logoWidth
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:map
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:mapCaption
  • ワロップス飛行施設には3つのそれぞれ独立した区画が存在する。
prop-ja:mapWidth
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:parentAgency
prop-ja:pictureWidth
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:preceding
  • ワロップス基地
  • 無人航空機研究所
prop-ja:seal
  • NASA logo.svg
prop-ja:sealWidth
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 37.940194 -75.466389
rdf:type
rdfs:comment
  • ワロップス飛行施設はヴァージニア州東部海岸に位置する施設。ワロップス島とその周辺にまたがって存在する。NASAのゴダード宇宙飛行センターに運用されており、主にNASAやその他のアメリカ政府組織によって科学と実験のミッションを支える射場として利用されている。ワロップス飛行施設には多種多様な観測ロケット、小型の使いきり型弾道・軌道ロケット、科学機材を積んだ高高度気球などの運用を支えるために広い計測射場を持ち、無人航空機を含む研究用航空機の研究空港としても使われる。1945年の設立以来これまでに16,000機以上がワロップスで打ち上げられている。WFFの射場はアメリカ海洋大気庁(NOAA)の科学ミッションに使われ、外国政府やその他の事業者等も利用する。また、チェサピーク湾近郊のヴァージニア岬の区域でのアメリカ合衆国海軍の航空機や艦載電子装置、艦載兵器体系の開発試験や演習を支えている。固定位置の器具類に加えて、WFF射場は展開可能なモバイルレーダー、テレメーター受信器、コマンド送信装置などで打ち上げをサポートしている。これらは世界中に配置可能で、他に計器のない場所での一時的に射場と同じような管制区域の設置に利用され、安全確保、遠隔地からの弾道ロケット支援・操作のためのデータ収集などに利用される。モバイル射場は両極地域、南アメリカ、アフリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、海などからのロケット打ち上げの支援にも使われている。ワロップスでは1000人のNASA職員と請け負い業者、30人の海軍兵員、100人のNOAA職員などが働いている
rdfs:label
  • ワロップス飛行施設
owl:sameAs
geo:lat
  • 37.940193 (xsd:float)
geo:long
  • -75.466393 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:site of
is prop-ja:射場 of
is foaf:primaryTopic of