Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワリー・モハメド・ワリー(ダキニーとも、ウルドゥー語:ولی دکنی、Wali Mohammed Wali、1667年 - 1707年)は、インドマハーラーシュトラ州アウランガーバード出身の詩人。1687年頃、ワリーが20歳の時にグジャラートのアフマダーバードに移住し、スーフィーの修行をしたとされる。ウルドゥー文学初期の詩人で、1700年にペルシアの詩の要素を盛り込んだウルドゥー語の抒情詩であるガザルをデリーに持ち込み、詩作にウルドゥー語を広めた人物として名高い。1707年にアフマダーバードで亡くなる。生涯と作品には不明な点が多いが、旅行が好きだったとされ、詩のスタイルは主に美の賞賛で簡単な比喩などが使われている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2670722 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1759 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58149488 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワリー・モハメド・ワリー(ダキニーとも、ウルドゥー語:ولی دکنی、Wali Mohammed Wali、1667年 - 1707年)は、インドマハーラーシュトラ州アウランガーバード出身の詩人。1687年頃、ワリーが20歳の時にグジャラートのアフマダーバードに移住し、スーフィーの修行をしたとされる。ウルドゥー文学初期の詩人で、1700年にペルシアの詩の要素を盛り込んだウルドゥー語の抒情詩であるガザルをデリーに持ち込み、詩作にウルドゥー語を広めた人物として名高い。1707年にアフマダーバードで亡くなる。生涯と作品には不明な点が多いが、旅行が好きだったとされ、詩のスタイルは主に美の賞賛で簡単な比喩などが使われている。
rdfs:label
  • ワリー・モハメド・ワリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of