Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ワニス(仮漆)は、木材などの材料の表面を保護するために用いられる、透明で硬い上塗り剤(塗料)である。ニスまたはバニッシュ、バーニッシュ(Varnish)とも呼ばれる。一般的には乾性油と樹脂に鉱物由来の有機溶剤、あるいはテレピン油などの溶剤を混合したものである。ワニスで被覆された表面は光沢を持つことが多い。薄く塗布すると透明になる塗料やそもそも透明性の高い塗料もあるが、顔料を含む塗料とは対照的に透明性が高い。ただし、浸透による被塗装物の透明性の増大を考慮すれば、塗料とワニスの個々の差の方が大きいという観点もあり得る。塗布したあとに溶剤を蒸発させるか、化学反応等によってワニスは硬化する。油を使ったワニスが乾く速さは油の種類や量などに依存する。また、化学反応を伴う場合は一液性熱・光硬化樹脂を用いることがある。溶剤を蒸発させるタイプと、化学反応を伴うタイプの差は、硬化時の重量変化にも現れる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 714172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2066 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58284649 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ワニス(仮漆)は、木材などの材料の表面を保護するために用いられる、透明で硬い上塗り剤(塗料)である。ニスまたはバニッシュ、バーニッシュ(Varnish)とも呼ばれる。一般的には乾性油と樹脂に鉱物由来の有機溶剤、あるいはテレピン油などの溶剤を混合したものである。ワニスで被覆された表面は光沢を持つことが多い。薄く塗布すると透明になる塗料やそもそも透明性の高い塗料もあるが、顔料を含む塗料とは対照的に透明性が高い。ただし、浸透による被塗装物の透明性の増大を考慮すれば、塗料とワニスの個々の差の方が大きいという観点もあり得る。塗布したあとに溶剤を蒸発させるか、化学反応等によってワニスは硬化する。油を使ったワニスが乾く速さは油の種類や量などに依存する。また、化学反応を伴う場合は一液性熱・光硬化樹脂を用いることがある。溶剤を蒸発させるタイプと、化学反応を伴うタイプの差は、硬化時の重量変化にも現れる。
rdfs:label
  • ワニス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of